コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山祐士 こやまゆうし

3件 の用語解説(小山祐士の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小山祐士
こやまゆうし

[生]1906.3.29. 広島
[没]1982.6.10. 東京,八王子
劇作家。第1次『劇作』同人として『瀬戸内海の子供ら』 (1934) の心理的リリシズムで劇作家としての地位を確立。第2次世界大戦後は『二人だけの舞踏会』 (56) ,『泰山木の木の下で』 (62) ,『日本の幽霊』 (65) など,抒情性と反戦,原爆問題を一体化させた戯曲を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山祐士 こやま-ゆうし

1906-1982 昭和時代の劇作家。
明治39年3月29日生まれ。岸田国士(くにお)に師事し,昭和7年雑誌「劇作」の創刊にくわわる。「瀬戸内海の子供ら」(築地座上演)で注目された。31年原爆の傷跡をえがいた「二人だけの舞踏会」(俳優座上演)で岸田演劇賞。昭和57年6月10日死去。76歳。広島県出身。慶大卒。作品はほかに「泰山木(たいさんぼく)の木の下で」など。
【格言など】新しいものを生み出す為には,なやみとケイベツと苦しみはつきもの(「二人だけの舞踏会」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小山祐士
こやまゆうし
(1906―1982)

劇作家。広島県生まれ。慶応義塾大学卒業後、岸田国士(くにお)に師事して、1932年(昭和7)雑誌『劇作』の創刊同人となる。同誌発表の戯曲『十二月』(1933)、『瀬戸内海の子供ら』(1934)が築地(つきじ)座で上演されて好評を得、劇作家として認められた。太平洋戦争中故郷に疎開し、戦後49年(昭和24)上京。俳優座上演の『二人だけの舞踏会』(1956)により岸田演劇賞を受賞。ほかに『黄色い波』(1961)、『泰山木(たいさんぼく)の木の下で』(1962)など。「瀬戸内海の詩人」とよばれ、島々を舞台に、人物の心理を詩情豊かに描いたが、戦後の作には、広島への原爆投下への怒りと戦争・公害の告発を庶民の生活のなかにとらえたものが多い。『小山祐士戯曲全集』により芸術選奨文部大臣賞を受賞。[藤木宏幸]
『『小山祐士戯曲全集』全5巻(1967~71・テアトロ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小山祐士の言及

【新劇】より

…そして1930年代になると,岸田,久保田を師とする若手劇作家群が劇作専門の雑誌《劇作》に拠って続々と登場し,この《劇作》派の戯曲が築地座で次々と初演された。川口一郎(1900‐71),田中千禾夫(ちかお)(1905‐95),小山祐士(ゆうし)(1906‐82),内村直也(1909‐89),森本薫ら,市民生活の哀歓を心理的せりふの躍動で描く劇作家たちの出現である。また同じころ(1931‐36),金杉惇郎・長岡輝子夫妻の主宰する〈テアトル・コメディ〉もフランス近代心理劇を上演し,飯沢匡(1909‐94)らの劇作家を生みだした。…

※「小山祐士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小山祐士の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者児童雑誌土讃線土讃線土讃線新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone