コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島祐馬 オジマスケマ

5件 の用語解説(小島祐馬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おじま‐すけま〔をじま‐〕【小島祐馬】

[1881~1966]中国思想史家。高知の生まれ。京大卒。京大教授、京大人文科学研究所初代所長。著作に「古代支那研究」「中国思想史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島祐馬 おじま-すけま

1881-1966 大正-昭和時代の中国哲学者。
明治14年12月3日生まれ。大正9年青木正児(まさる)らと「支那学」を発刊。15年フランスに留学し,昭和6年京都帝大教授となる。14年同大人文科学研究所初代所長,24年学士院会員。昭和41年11月18日死去。84歳。高知県出身。京都帝大卒。著作に「古代支那研究」「中国思想史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おじますけま【小島祐馬】

1881‐1966(明治14‐昭和41)
中国思想史家。高知県生れ。号は抱甕。1922‐41年京都大学支那哲学史講座助教授,教授。京大人文科学研究所初代所長。狩野直喜内藤虎次郎の門下である。清朝考証学をふまえつつ社会科学的方法を用いて,漢学的道学臭を一掃した多くの先駆的論文を発表。青木正児,本田成之と1920年雑誌《支那学》を発刊したことは,日本の中国研究史上画期的事件であった。《古代支那研究》(1943),《中国の革命思想》(1950),《中国の社会思想》(1967)などのほか,中江兆民に関する研究もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おじますけま【小島祐馬】

1881~1966) 中国思想史家。高知県生まれ。京大教授。京大人文科学研究所初代所長。著「古代支那研究」「中国の社会思想」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小島祐馬
おじますけま
(1881―1966)

中国哲学研究者。高知県生まれ。京都帝国大学経済学部・文学部卒業。のち同大学文学部教授(支那(しな)哲学史専攻)。1920年(大正9)、本田成之(ほんだしげゆき)(1882―1945)、青木正児(あおきまさる)とともに雑誌『支那学』を創刊。この雑誌は、それまでの日本の「支那学」研究が多少とも残していた江戸漢学的臭みを一掃する画期的な意味を有した。小島の中国哲学研究は、唯物史観的方法論にたち、たとえば孔子なり墨子(ぼくし)なりの背後の社会環境からその思想を説明しようとする。しかも孔子や墨子の倫理説よりも、政治経済説に多く興味を抱く。フランスの「シナ学」の民俗学的方法論をも早く吸収した。著書に『古代支那研究』『中国の社会思想』『中江兆民』などがある。[本田 濟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小島祐馬の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学ニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone