コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小手指ヶ原 こてさしがはら

4件 の用語解説(小手指ヶ原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小手指ヶ原
こてさしがはら

埼玉県南部,所沢市北西部,武蔵野台地上にある古戦場の地。中世には鎌倉街道が通っていた。元弘3 (1333) 年の元弘の乱で,鎌倉攻めの新田義貞が北条氏と戦った地として名高い。また白旗塚は義貞が源氏の白旗を立てて指揮したところといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こてさし‐が‐はら【小手指ヶ原】

埼玉県所沢市、狭山丘陵北側にある、新田義貞北条高時が戦った古戦場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こてさしがはら【小手指ヶ原】

埼玉県所沢市北西部にある武蔵野台地上の原。入間川と柳瀬川の間にあり,中世多くの合戦が行われた所で,とくに1333年(元弘3)鎌倉街道を南下した新田義貞と北上した北条高時が戦った所として有名。雑木林を開墾した畑の中に古戦場碑が建てられ,付近には,義貞が源氏の白旗を立てて合戦を指揮したといわれる白旗塚(円墳)や義貞軍が戦勝の誓詞を交わしたと伝える誓詞ヶ橋もある。近年,宅地化が進み,1970年には北東1.5kmに西武池袋線小手指駅が開設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小手指ヶ原
こてさしがはら

埼玉県所沢(ところざわ)市街北西部の狭山(さやま)丘陵北側、武蔵野(むさしの)台地上にある古戦場。鎌倉時代、上野(こうずけ)、越後(えちご)、信濃(しなの)と鎌倉とを結ぶ鎌倉街道が通る。1333年(元弘3・正慶2)新田義貞(にったよしさだ)と北条高時の古戦場として有名で、義貞が白旗を立てて指揮したという白旗(しらはた)塚、新田軍が誓詞(せいし)を交わした所という誓詞ヶ橋などの旧跡に富む。古戦場跡には碑が建てられ、県指定旧跡となっている。また、所沢市埋蔵文化財調査センターがある。付近一帯は近年まで雑木林の茂る武蔵野のおもかげを残した土地であったが、1970年(昭和45)西武鉄道池袋線小手指駅が設けられて以来、都市化が進んでいる。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小手指ヶ原の関連キーワード埼玉県所沢市荒幡埼玉県所沢市北秋津埼玉県所沢市北岩岡埼玉県所沢市北所沢町埼玉県所沢市北中埼玉県所沢市北野埼玉県所沢市北野南埼玉県所沢市城埼玉県所沢市並木埼玉県所沢市林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone