コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松石 コマツイシ

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐いし【小松石】

伊豆半島の海岸から切り出される輝石安山岩。灰色で質が硬く、庭石や建築用にする。伊豆石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小松石【こまついし】

神奈川県真鶴周辺で採掘される灰色の石材。関東地方南部で古くから石材として利用されており,江戸城の石垣など利用例は多い。現在ではおもに高級墓石として切り出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまついし【小松石】

神奈川県足柄下郡湯河原町,真鶴(まなづる)町の海浜一帯から産出する輝石安山岩の石材名。白色,青灰色,あるいは酸化してやや赤みを帯びたものなど数種の色がある。江戸という大消費地に近接していることから,土木用材として古くから利用され,江戸城の石垣もすべてこの石である。明治以降も東京の石造建築に相当量使用されたが,今日では稲田石をはじめとする御影石に圧倒されて,産額は少にすぎない。【矢橋 謙一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こまついし【小松石】

神奈川県湯河原町、真鶴町一帯の海岸に産出する安山岩の石材名。灰色。墓石・土木用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小松石の言及

【真鶴[町]】より

…北部の山麓ではミカン栽培が行われる。石材採掘も行われ,かつては江戸城改修や品川台場建設に用いられたが,現在は墓石用(小松石),土木用(新小松石)の石材として京浜を中心に出荷されている。真鶴半島の先端海上に三ッ石の名で呼ばれて巨岩が並び,半島中部には中川一政美術館が建つ。…

※「小松石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小松石の関連情報