コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林宏治 こばやし こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林宏治 こばやし-こうじ

1907-1996 昭和後期-平成時代の経営者。
明治40年2月17日生まれ。昭和4年日本電気に入社。無装荷ケーブルによる搬送通信方式を実用化。39年社長,51年会長。コンピューターと通信の融合を推進するC&C路線をうちだし,同社をコンピューター,半導体,通信機器などの総合エレクトロニクス企業にそだてる。経済同友会幹事などもつとめた。平成8年11月30日死去。89歳。山梨県出身。東京帝大卒。
【格言など】変化を肯定し,これに先手を打ってダイナミックに行動する

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林宏治の関連キーワードコンピューター2月17日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林宏治の関連情報