コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林宏治 こばやし こうじ

1件 の用語解説(小林宏治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林宏治 こばやし-こうじ

1907-1996 昭和後期-平成時代の経営者。
明治40年2月17日生まれ。昭和4年日本電気に入社。無装荷ケーブルによる搬送通信方式を実用化。39年社長,51年会長。コンピューターと通信の融合を推進するC&C路線をうちだし,同社をコンピューター,半導体,通信機器などの総合エレクトロニクス企業にそだてる。経済同友会幹事などもつとめた。平成8年11月30日死去。89歳。山梨県出身。東京帝大卒。
【格言など】変化を肯定し,これに先手を打ってダイナミックに行動する

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林宏治の関連キーワード大藪春彦池田純義おおえ ひで鴨武彦島田一男(1)関晃辻隆山下和夫吉田鎮雄河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林宏治の関連情報