コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泉丹 コイズミマコト

百科事典マイペディアの解説

小泉丹【こいずみまこと】

動物学者。京都の生れ。東大理学部動物科卒。伝染病研究所寄生虫の生活史などを研究し,のち慶大教授。進化学に深い関心を示し,その啓蒙に努めた。著書《蛔虫の研究》《進化学経緯》《進化学序講》《日本科学史私攷》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小泉丹 こいずみ-まこと

1882-1952 大正-昭和時代の寄生虫学者。
明治15年11月23日生まれ。伝染病研究所で宮島幹之助(みきのすけ)にまなぶ。台湾で熱帯病を研究したあと,大正13年新設の慶大医学部の教授。「蛔虫(かいちゅう)の研究」は代表的著作。昭和27年10月21日死去。69歳。京都出身。東京帝大卒。著作に「日本科学史私攷」「野口英世」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こいずみまこと【小泉丹】

1882‐1952(明治15‐昭和27)
大正~昭和前期の動物学者。名前は〈たん〉と通称される。東大理学部動物学科を卒業し,伝染病研究所に勤め,病原生物を専攻した。のち慶応大学医学部教授となり,寄生虫学を担当。マラリアデング熱の研究も有名だが,主著《蛔虫の研究》(1944)は世界的業績と評価される。進化論に関心が深く《進化学序講》(1933)は日本での進化論の本格的学術紹介の嚆矢(こうし)ともいわれる大著で,また《進化学の源流》と《進化学の展開》(ともに1948)は最初の本格的進化論史で,G.ビュフォン,G.キュビエ,J.ラマルクなどの解説は,いまなお後継者のこえられぬ水準をたもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こいずみまこと【小泉丹】

1882~1952) 動物学者。京都府生まれ。東大卒。慶大教授。寄生虫学を専攻し「蛔虫の研究」を著すほか、科学の啓蒙に熱心で進化論を本格的に紹介した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小泉丹
こいずみまこと
(1882―1952)

寄生虫学者。京都府の生まれ。1907年(明治40)東京帝国大学理科大学動物学科を卒業。伝染病研究所に入り、宮島幹之助(1872―1944)に師事して寄生虫学を専攻した。1914年(大正3)台湾中央研究所技師となり、国際連盟保健部理事を経て、1924年慶応義塾大学医学部教授となった。
 寄生虫学の研究、ことに回虫に関する広範な研究を行い、『蛔虫(かいちゅう)の研究』(1944)はその代表的著作である。またマラリアについての研究も進めた。そのかたわら寄生虫についての啓蒙(けいもう)運動に尽力、寄生虫予防協会理事長を務めた。進化学の造詣(ぞうけい)も深く、『進化学序講』(1933)など進化論に関する著作のほか、『生物学巡礼』『野口英世』などがある。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小泉丹の関連キーワード松崎 義周松林 久吉種の起原小泉

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android