コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小泊[村] こどまり

世界大百科事典 第2版の解説

こどまり【小泊[村]】

青森県北西部,北津軽郡の村。人口4311(1995)。津軽半島北西端に位置し,半島の脊梁をなす津軽山地が海岸まで迫る。平地は小泊川下流のわずかな地域に限られ,大部分は国有林を主とする山林からなる。日本海に突出した小泊半島の基部に小泊,下前などの集落がある。中心の小泊は近世は松前への航路や西廻航路の風待ち港で,正保年間(1644‐48)に集落が形成されたといわれる。1922年に小泊漁港が築港され,51年には避難港に指定され整備がすすめられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小泊[村]の関連キーワード西秦ネストリウスペロポネソス戦争ケレスチヌス1世聖母子ペロポネソス戦争地下鉄民営化朝鮮人遺骨米国の貧富の差イーストコア曳舟

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android