小泊[村](読み)こどまり

世界大百科事典 第2版の解説

こどまり【小泊[村]】

青森県北西部,北津軽郡の村。人口4311(1995)。津軽半島北西端に位置し,半島の脊梁をなす津軽山地が海岸まで迫る。平地は小泊川下流のわずかな地域に限られ,大部分は国有林を主とする山林からなる。日本海に突出した小泊半島の基部に小泊,下前などの集落がある。中心の小泊は近世は松前への航路や西廻航路の風待ち港で,正保年間(1644‐48)に集落が形成されたといわれる。1922年に小泊漁港が築港され,51年には避難港に指定され整備がすすめられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android