コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牧近江 コマキオウミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小牧近江 こまき-おうみ

1894-1978 大正-昭和時代の評論家。
明治27年5月11日生まれ。近江谷(おうみや)栄次の子。フランスで反戦運動に参加。帰国後,金子洋文らと大正10年「種蒔(ま)く人」を,13年「文芸戦線」を創刊するなど,初期プロレタリア文化運動を推進。昭和26年法大教授。昭和53年10月29日死去。84歳。秋田県出身。パリ大卒。本名は近江谷駉(こまき)。自伝に「ある現代史」,小説に「異国の戦争」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こまきおうみ【小牧近江】

1894‐1978(明治27‐昭和53)
フランス文学者,社会運動史家。秋田県生れ。本名近江谷駉(おうみやこまき)。1910年16歳で渡仏し苦学してパリ法科大学卒業。当時フランスではH.バルビュスを中心として,平和主義を唱えた社会主義文化運動であるクラルテ運動が広がっていたが小牧はこれに参加し,帰国後の21年に《種蒔く人》を創刊,反戦思想を唱えコミンテルンの紹介をした。アナ・ボル論争の最中にも小牧は両陣営との接触を保って運動の統一を守ろうとし,社会運動と芸術運動の新しい結びつきをつくった同誌からは,プロレタリア文学の新しい作家群が輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小牧近江
こまきおうみ
(1894―1978)

社会科学者、翻訳家。秋田市土崎港(つちざきみなと)生まれ。本名近江谷(おうみやこまき)。東京の暁星中学中退後、代議士の父に伴われて渡仏。1918年(大正7)パリ大学法学部卒業。その間、思想のインターナショナルを叫んだクラルテ運動に参加。日本大使館勤務後帰国し、21年金子洋文(ようぶん)らと土崎版『種蒔(ま)く人』創刊、第三インターナショナルを初めて紹介する。東京で『種蒔く人』再刊後、『文芸戦線』などで無産階級文化運動を推進。第二次世界大戦中はフランス領インドシナにあって民族解放運動にも関係。戦後、中央労働学院長、法政大学教授を務めた。バルビュスの『クラルテ』などの翻訳紹介のほか、『ある現代史』(1965)、『種蒔くひとびと』(1978)などの回想記がある。[山田俊治]
『『種蒔くひとびと』(1978・かまくら春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小牧近江の言及

【種蒔く人】より

…他に別冊で亀戸事件の記録《種蒔き雑記》等がある。アンリ・バルビュスのクラルテ運動とコミンテルン成立との影響を受けて帰国した青年小牧近江(こまきおうみ)(1894‐1978)を中心に,最初は彼の郷里秋田・土崎で小規模に,のちには東京で反軍国主義とロシア革命の擁護とをかかげ多くの進歩派に呼びかけて思想文学の共同戦線的な雑誌として再出発した。小牧のほかに金子洋文,今野賢三,村松正俊,柳瀬正夢,佐々木孝丸らが中心となり,のち平林初之輔,青野季吉が加わってからは階級運動の一翼としての文学を主張,最初のプロレタリア文学運動の雑誌として注目された。…

※「小牧近江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小牧近江の関連キーワード阿以田 治修近江谷栄次金子 洋文近江谷友治農民文学昭和時代今野賢三亀戸事件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小牧近江の関連情報