小菅(読み)こすげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小菅
こすげ

東京都葛飾区西端の地区。荒川の東岸にあり,江戸時代は将軍家の狩猟場であった。明治2 (1869) 年小菅県庁がおかれたが,同4年東京府に編入。将軍家の御殿跡が,のちに小菅監獄となり,現在の東京拘置所になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こすげ【小菅】

東京都葛飾区の地名。荒川東岸に位置する。江戸時代には小菅村と呼ばれた。三代将軍家光は関東郡代伊奈半十郎忠治にその下屋敷として村内に10万坪の土地を与えたが,のちにここは歴代将軍の鷹狩りの折に御膳所として使われ,小菅御殿と呼ばれた。1792年(寛政4)に伊奈家が断絶してのちは江戸町会所の籾倉が建てられ,代官役所が設けられた。江戸末期には一時,四文銭を鋳造する銭座が置かれた。1869‐71年(明治2‐4)小菅県の県庁がここに置かれ,小菅県が廃されてのちの77年小菅監獄(現,東京拘置所)に転用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こすげ【小菅】

東京都葛飾かつしか区西部の地名。荒川放水路の東側に位置する。北西端には1877年(明治10)以来小菅監獄(現在は東京拘置所)が置かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小菅
こすげ

東京都葛飾(かつしか)区西端、綾瀬(あやせ)川が荒川に合流する地点近くにある地区。首都高速道路6号三郷(みさと)線と中央環状線をつなぐ小菅ジャンクションがあり、東武鉄道伊勢崎(いせさき)線小菅駅(足立(あだち)区)に近い。地名の菅(すげ)は茅(かや)のことで、低湿地のこの地に茅が多く茂っていたことが地名の由来という。江戸時代には狩猟地であって小菅御殿があった。その後、江戸町会所の籾倉(もみくら)を建てた所で、32棟約60万俵の災害準備米が貯蔵された。なお、江戸末期には小菅銭(ぜに)座が置かれ、四文銭が鋳造された。その地は現在の西小菅小学校である。1869年(明治2)には小菅県庁が置かれたが、県庁廃止(1871)後に跡地にれんが製造所がつくられた。現在は近代的設備の東京拘置所のあることで知られる。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菅の関連情報