コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菩薩嶺 だいぼさつれい

3件 の用語解説(大菩薩嶺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大菩薩嶺
だいぼさつれい

山梨県北東部,甲州市丹波山村の境にある山。標高 2057m。北方の鶏冠山から南方の滝子山まで続く大菩薩連嶺の主峰で,西方の富士川支流の笛吹川水系と東方の相模川上流の桂川水系を分け,北方に多摩川の源流が発する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいぼさつ‐れい【大菩薩嶺】

山梨県北東部にある山。標高2057メートル大菩薩峠の北約2キロメートルに位置する。山頂南面は草原が広がり、眺望もよい。山麓には天目山・景徳院など、戦国武将の武田氏に関する史跡が多い。秩父多摩甲斐国立公園に属する。大菩薩岳

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕大菩薩嶺(だいぼさつれい)


山梨県北東部、甲府(こうふ)盆地の東を限る山。関東山地南部に広がる大菩薩連嶺(れんれい)の主峰。標高2057m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。なだらかなピラミッド形の特徴ある山容で、山頂付近からは富士山・奥秩父(おくちちぶ)連峰・赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の峰々が展望できる。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。南東方に大菩薩峠がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大菩薩嶺の言及

【大菩薩峠】より

…標高1897m。西の笛吹川支流,東の多摩川上流の分水嶺で,北に大菩薩嶺(2057m)がある。甲州道中の脇往還,青梅街道の第一の難所であったが,明治初期に青梅街道が北側の柳沢峠(1472m)をまわるようになって街道からは外れた。…

※「大菩薩嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大菩薩嶺の関連情報