コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井蘆洲 こがねいろしゅう

百科事典マイペディアの解説

小金井蘆洲【こがねいろしゅう】

講談師。初世幕末の人。3代〔1873-1925〕は世話物の名手として知られた。5代〔1877-1961〕は本名上野正吉。3代に師事し,宝井馬秀を名乗ったが,のち蘆洲を襲名,世話物読みとして《塩原多助》《鼠小僧》などを得意とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こがねいろしゅう【小金井蘆洲】

講釈師。2代(本名小金井亀之助。1848‐1908)がとくに有名で,江戸浅草に生まれ,15歳で小金井北海にのぞまれ前座をつとめ小金井北馬を名乗る。明治期を代表する講釈師となり,1886年(明治19)に初めて講談組合ができたとき頭取に就任した。《日蓮記》《川中島合戦》《賤ヶ岳七本槍》などを得意として,そうした講釈の種本をみずから編集,後進の借覧(しやくらん)に供したという。その芸風は,3代(本名秋本格之助。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小金井蘆洲の関連キーワード11月1日12月6日7月9日講談師

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android