コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井鉄造 しらいてつぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白井鉄造
しらいてつぞう

[生]1900.4.6. 静岡
[没]1983.12.22. 兵庫
レビュー作家,演出家。本名虎太郎。小学校を出て浜松の染物会社で働くうち,オペラ歌手を志して上京,浅草オペラのスター岸田辰弥師事。 1921年岸田に従って宝塚少女歌劇団に入り,27年日本最初のレビューである岸田作『モン・パリ』の全振付を担当して成功を収めた。 28年欧米へ留学。帰国みやげの『パリゼット』 (1930) が大ヒットし,主題歌の『すみれの花咲く頃』は宝塚のシンボルとなった。代表作は宝塚の第1期黄金時代を導いた『花詩集』 (33) ,『桃花春』 (39) ,第2次世界大戦後は大作『虞美人』 (51) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井鉄造 しらい-てつぞう

1900-1983 大正-昭和時代の演出家,脚本家。
明治33年4月6日生まれ。岸田辰弥に師事,大正10年岸田とともに宝塚少女歌劇団に入団。昭和5年に発表した「パリゼット」と,作詞した主題歌「すみれの花咲く頃」が大ヒットした。以後,「花詩集」など多数の作品を演出,宝塚調レビューの確立,発展に貢献した。昭和58年12月22日死去。83歳。静岡県出身。本名は虎太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白井鉄造
しらいてつぞう
(1900―1983)

レビュー演出家、脚本家。本名虎太郎。静岡県に生まれる。1919年(大正8)帝劇歌劇の岸田辰弥(たつや)に入門、21年に岸田とともに宝塚少女歌劇団に入り、翌年お伽(とぎ)歌劇『金の羽』を処女執筆。外遊後の30年(昭和5)に発表した『パリゼット』が大ヒット、その主題歌「すみれの花咲く頃(ころ)」は巷(ちまた)に流行した。その後『花詩集』『虞美人(ぐびじん)』など百数十本を上演、いわゆる宝塚調レビューを確立して日本のレビュー界の発展に貢献した。[向井爽也]
『白井鉄造著『宝塚と私』(1967・中林出版) ▽高木史朗著『レヴューの王様――白井鉄造と宝塚』(1983・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白井鉄造の言及

【少女歌劇】より

… 27年,岸田辰弥の欧米見学帰国作品《モン・パリ》が上演され大きな反響をよぶが,これは幕なし16景の日本最初の本格的レビューであり,それまでの日本調の舞踊劇やお伽歌劇から飛躍して,その後の本格的レビュー時代を到来させる重要な契機となった。続いて白井鉄造が洋行,帰国してレビュー作品《パリゼット》(1930)を発表,橘薫,三浦時子のエッチン・タッチンのコンビが人気を集めた。33年に20周年記念作品《花詩集》が生まれ,葦原(あしはら)邦子,桜緋沙子のコンビ,続いて小夜(さよ)福子,奈良美也子らのスターが人気を集めた。…

※「白井鉄造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白井鉄造の関連キーワード春野(静岡県)ミュージカル竹内 平吉草笛 美子高木 史朗宝塚歌劇団白井 かつ浜松(市)昭和時代木蘭辞橘 薫犬居

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android