コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感服 カンプク

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぷく【感服】

[名](スル)深く感心して、尊敬・尊重の気持ちを抱くこと。「勇気ある態度に感服する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぷく【感服】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
深く感じて敬服あるいは服従する・こと(さま)。 「 -の至り」 「見事な腕前にほとほと-した」 「団十郎も年は若いが実に-に能く踊るではございませんか/新粧之佳人 南翠」 → 敬服(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

感服の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻フランシスコ[アッシジ]高田屋嘉兵衛大村益次郎佐々木中沢嘆服・歎服宇田川玄随頭が下がる頭を下げる私恩を売る粟津高明新納忠元光孝天皇由利公正笠原白翁真田幸村藤原保則佐貫広綱徐光啓雄勝硯

感服の関連情報