絶え果てる(読み)タエハテル

デジタル大辞泉 「絶え果てる」の意味・読み・例文・類語

たえ‐は・てる【絶え果てる】

[動タ下一][文]たえは・つ[タ下二]
全く絶えてしまう。すっかりなくなってしまう。「人通りが―・てる」「望みが―・てる」
息が絶えてしまう。死んでしまう。「遠い異国で―・てる」
[類語](1尽きる尽き果てる消え果てる朽ち果てる/(2死ぬ亡くなる死する没する果てる眠るめいするたおれる事切れる身罷みまか先立つ旅立つ死去する死亡する死没する物故する絶命する絶息する永眠する瞑目めいもくする逝去せいきょする長逝ちょうせいする永逝えいせいする他界する昇天する往生おうじょうする落命する急逝きゅうせいする急死する頓死とんしする横死する憤死する夭折ようせつする夭逝ようせいする息を引き取る冷たくなるえなくなる世を去る帰らぬ人となる不帰の客となる死出の旅に出る亡き数に入る鬼籍に入る幽明さかいことにする黄泉こうせんの客となる命を落とす人死に物化まかくたばる絶え入る消え入るはかなくなる空しくなる仏になる朽ち果てる失命夭死臨終ぽっくりころり突然死即死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「絶え果てる」の意味・読み・例文・類語

たえ‐は・てる【絶果】

  1. 〘 自動詞 タ行下一段活用 〙
    [ 文語形 ]たえは・つ 〘 自動詞 タ行下二段活用 〙
  2. すっかり絶えてしまう。すっかりなくなってしまう。
    1. [初出の実例]「たえはつる物とは見つつ笹がにの絲を頼める心細さよ〈よみ人しらず〉」(出典:後撰和歌集(951‐953頃)恋一・五六九)
  3. 特に、息が絶えてしまう。死んでしまう。
    1. [初出の実例]「つひにゆくみちとはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを、とよみてなむたえはてにける」(出典:大和物語(947‐957頃)一六五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android