尾張旭市(読み)おわりあさひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾張旭〔市〕
おわりあさひ

愛知県北西部にある市。 1970年市制。名古屋市と瀬戸市の間に位置し,野菜,果樹の近郊農業地域であったが,名古屋鉄道瀬戸線が通り,名古屋への通勤圏として宅地化が著しい。東部の工業地区は瀬戸市との関係で洋食器,電気用陶磁器などの窯業が多く,西部には電気機械工場などがある。市の北部に県立森林公園 (5.6km2) があり,クロマツ林の間にゴルフ場,テニスコート,宿泊施設などがある。面積 21.03km2。人口 8万787(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾張旭市の関連情報