コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長坂 ながさか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長坂
ながさか

山梨県北西部,北杜市中西部の旧町域。八ヶ岳南麓にあり,北部は権現岳の山頂に達する。 1955年日野春村,秋田村,清春村の3村が合体し町制施行。同年小泉村を編入。 2004年明野村,須玉町,高根町,大泉村,白州町,武川村と合体して北杜市となった。北部の高原では第2次世界大戦後の入植で酪農が行なわれ,トマトなどの高冷地野菜の栽培が取り入れられた。南部では米作や養蚕が盛んであったが,近年は工業も立地。大八田 (おおばった) にある清光寺は,源氏の勢力を甲斐に定着させた源清光の墓所。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長坂
ながさか

山梨県北西部、北巨摩(きたこま)郡にあった旧町名(長坂町(ちょう))。現在は北杜(ほくと)市の中央部を占める一地区。1955年(昭和30)日野春(ひのはる)、秋田、清春(きよはる)の3村が合併して町制改称。同年、小泉村を編入した。2004年(平成16)須玉(すたま)町、高根(たかね)町、白州(はくしゅう)町、明野(あけの)村、大泉(おおいずみ)村、武川(むかわ)村と合併、市制施行して北杜市となる。旧町域は、八ヶ岳(やつがたけ)南麓(なんろく)にあり、JR中央本線、小海(こうみ)線が通じ、中央自動車道の長坂インターチェンジがある。米作と養蚕を主とする農村であったが、近年は高冷地野菜や花卉(かき)栽培などが中心。また、工場の進出や観光地化が著しい。バルブ、電子部品の工場があり、小泉地区には小海(こうみ)線甲斐(かい)小泉駅を中心に高原保養地として別荘や夏季施設などが多い。中央本線長坂駅付近には商店、官庁や金融の出先機関が集中し、八ヶ岳南麓の一中心地をなしている。北部は八ヶ岳中信高原国定公園域。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長坂の関連情報