尾鷲[市](読み)おわせ

  • 尾鷲

百科事典マイペディアの解説

三重県南部,熊野灘に面する市。1954年市制。中心市街は尾鷲湾に臨み紀勢本線,紀勢自動車道が通じる。尾鷲港遠洋漁業の拠点でカツオマグロサンマなどの漁獲が多く,水産加工も活発。1964年大火力発電所,石油コンビナートが建設された。市域は全国有数の多雨地帯で,ヒノキ・スギ材を多産,製材工業が盛んである。九鬼はブリ漁で知られ,亜熱帯植物群落の九木神社樹叢(天然記念物)がある。192.71km2。2万33人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

三重県南部の市。1954年,尾鷲町と須賀利,九鬼,北輪内,南輪内の4村が合体して市制。人口2万5258(1995)。市域の大部分紀伊山地山林だが,東部は熊野灘に臨むリアス海岸で,市街地は尾鷲湾奥の小平地に位置する。前面黒潮が流れ,背後に山が迫っているため,年降水量4000mmをこえる多雨都市である。中世には一時伊勢神宮領となり,九鬼は熊野水軍の根拠地として名をはせた。近世には紀州藩支配を受け,近海航路の寄港地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android