屋久[町](読み)やく

  • 屋久

百科事典マイペディアの解説

鹿児島県熊毛郡屋久島南半を占める旧町。大部分山地屋久杉の天然林があり,林業が盛ん。海岸の狭い耕地では,野菜,ポンカン,タンカンの栽培を行う。沿岸漁業を営む。東部安房(あんぼう)川は水力が豊富で,電源開発が進められた。河口の安房に鹿児島市への定期船が寄港する。尾之間(のあいだ)温泉などの観光地がある。1993年屋久島が世界遺産条約の自然遺産リストに登録された。2007年10月熊毛郡上屋久町と合併屋久島町となる。242.03km2。6948人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

鹿児島県屋久島の南半を占める熊毛郡の町。人口6662(1995)。島の北半を占める上屋久町とのにある宮之浦岳をはじめ,標高1000mを超える山々が海岸近くまで迫っている。島の周囲は海岸段丘帯状連なり集落は河口付近や段丘上に点在する。亜熱帯の多雨気候を生かした農業が産業の中心で,ポンカンを主とするかんきつ類,エンドウ,茶,薬草ガジュツなどの栽培が盛んである。漁業はトビウオ,カツオ,ブリなどの漁獲が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android