コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上屋久(読み)かみやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上屋久
かみやく

鹿児島県南部,屋久島町北部を占める旧町域。薩南諸島屋久島北部と口永良部島からなる。1958年町制。2007年屋久町と合体して屋久島町となった。大部分は山地で,国有林が大半を占める。平野に乏しく,気候は亜熱帯性で降水量は多く,台風の襲来による被害が大きい。サツマイモ,サトウキビ,ポンカン,ブンタンパパイア,パイナップル,バナナなどを産する。中心地区の宮之浦を中心に漁業を営み,トビウオ,サバなどをとる。九州地方最高峰の宮之浦岳(1936m)をはじめ永田岳(1886m),黒味岳(1831m)などがそびえ,その中腹には樹齢 1000年をこす屋久杉原始林が広がり,国の特別天然記念物に指定されているほか,1964年宮之浦岳中腹の約 61km2が特別保護区に指定された。また屋久島は 1993年に世界遺産の自然遺産に登録された。南部の山岳地域は屋久島国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上屋久
かみやく

鹿児島県南方洋上、熊毛(くまげ)郡にあった旧町名(上屋久町(ちょう))。現在は屋久島(やくしま)町の北部を占める。旧上屋久町は1958年(昭和33)町制施行。2007年(平成19)屋久町と合併し屋久島町となった。旧町域は屋久島の北半部と、屋久島の西方海上に位置する口永良部(くちのえらぶ)島で、海岸部に平地をもつが、大部分は九州の最高峰宮之浦(みやのうら)岳(1936メートル)をはじめとする1000メートル以上の山々を擁する山岳地であり、洋上アルプスともよばれる。中心の宮之浦港から鹿児島、種子島(たねがしま)、口永良部島へ毎日船便があり、屋久島空港からは鹿児島、福岡、大阪(伊丹)へ定期便が運航し、種子島へは不定期便がある。ポンカンや、柑橘(かんきつ)とオレンジの雑種タンカン、薬用作物(胃腸薬の原料)のガジュツが栽培されるほか、豊富な包蔵水力を利用して屋久島電工が家庭電力の供給を行う。亜熱帯から亜寒帯までの植物が垂直に分布し、観光客も多い。なお、西部の永田浜はアカウミガメ産卵地として知られ、2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[田島康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上屋久の関連情報