コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本七平 やまもとしちへい

2件 の用語解説(山本七平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本七平
やまもとしちへい

[生]1921.12.18. 東京
[没]1991.12.10. 東京
出版人,評論家。代々クリスチャンの家系に生れる。 1942年青山学院高商部卒業後,陸軍に入隊し,フィリピン第2次世界大戦の終結を迎えた。現地で捕虜となり,47年復員。 58年翻訳書を中心に聖書関係の書籍を刊行する山本書店を設立する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本七平 やまもと-しちへい

1921-1991 昭和時代後期の出版経営者,評論家。
大正10年12月18日生まれ。昭和33年山本書店を創立。45年刊行の「日本人とユダヤ人」(大宅壮一ノンフィクション賞)が大ベストセラーとなり,著者イザヤ=ベンダサンの訳者・代理人としてマスコミをにぎわせた。独自の視点からの日本人論を展開し,56年菊池寛賞。平成3年12月10日死去。69歳。東京出身。青山学院高商部卒。著作に「日本資本主義の精神」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山本七平の関連キーワード井村寿二岩堀喜之助江草重忠小沢和一清水達夫伊達得夫福武哲彦水品一郎山本重彦柚登美枝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本七平の関連情報