コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本七平 やまもとしちへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本七平
やまもとしちへい

[生]1921.12.18. 東京
[没]1991.12.10. 東京
出版人,評論家。代々クリスチャンの家系に生れる。 1942年青山学院高商部卒業後,陸軍に入隊し,フィリピンで第2次世界大戦の終結を迎えた。現地で捕虜となり,47年復員。 58年翻訳書を中心に聖書関係の書籍を刊行する山本書店を設立する。 70年に出版したイザヤ・ベンダサン著・山本訳『日本人とユダヤ人』がベストセラーとなり,第2回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。この本をめぐってベンダサン=山本七平説がマスコミをにぎわしたが,本人は否定。これを機にみずから言論活動を開始し,戦争体験や日本人の行動と思想を解析,新保守主義をリードする論客と目された。おもな著書に『私の中の日本軍』(75),『論語の読み方』 (81) ,『「空気」の研究』 (77) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本七平 やまもと-しちへい

1921-1991 昭和時代後期の出版経営者,評論家。
大正10年12月18日生まれ。昭和33年山本書店を創立。45年刊行の「日本人とユダヤ人」(大宅壮一ノンフィクション賞)が大ベストセラーとなり,著者イザヤ=ベンダサンの訳者代理人としてマスコミをにぎわせた。独自の視点からの日本人論を展開し,56年菊池寛賞。平成3年12月10日死去。69歳。東京出身。青山学院高商部卒。著作に「日本資本主義の精神」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本七平の関連キーワード大石 慎三郎長谷川幸洋ファビアン山本 七平大平研究会李 登輝半藤一利KY

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本七平の関連情報