山本文緒(読み)ヤマモトフミオ

  • 1962―
  • やまもとふみお〔ふみを〕
  • 山本文緒 やまもと-ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1962- 平成時代の小説家。
昭和37年11月13日生まれ。ジュニア小説作家としてデビューし,おとな向けの作品を手がける。平成11年「恋愛中毒」で吉川英治文学新人賞,13年「プラナリア」で直木賞を受賞した。神奈川県出身。神奈川大卒。著作はほかに「日々是作文」「アカペラ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説家。横浜市生まれ。神奈川大学経済学部卒業後会社員生活に入るが、1987年(昭和62)「プレミアム・プールの日々」がコバルト・ノベル大賞佳作に入選。これを機に退職。またほぼ同時期に結婚し、執筆活動に専念、少女小説を中心に活躍する。
 88年最初の著書『きらきら星をあげよう』を刊行。その後、3年あまりの間に15冊ほどの少女小説を発表する。しかし、ちょうどそのころから少女小説市場が縮小の気配を見せ始め、仕事の依頼もしだいに減ってゆく。同時に結婚生活にも亀裂が生じ、1年間の別居期間を経て離婚。そのような状況のなか、92年(平成4)初の一般文芸作品『パイナップルの彼方(かなた)』を発表。ちょうど作者自身が書きたいものと、ジュニア小説の読者が求めるものとの乖離(かいり)が生じていた時期だったので、一般文芸への移行は絶好のタイミングでもあった。
 しかし、この後『ブルーもしくはブルー』(1992)、『きっと君は泣く』(1993)と続けて作品を発表するが、評判は良かったものの売り上げは伸びず、山本は次の『あなたには帰る家がある』(1994)が売れなかったら、専業作家は辞めて再就職する道を考えていたという。同作は、夫婦間の感情のすれ違いを描きながら、幸福な家庭のありよう、ひいては結婚そのものの意味を問う意欲的な恋愛小説であった。これが作品の評価、売り上げともに大成功を収める。その理由の一つとして、ジュニア小説での修業時代に刷り込まれた文体から脱し、ようやく自分の文体を確立できたことが挙げられよう。さらには、自身の体験から得たと思われる結婚観と、人間の心の不可思議さ――不安、恐怖、嫉妬、妄想、苦痛などを生み出す行き場のない心のさびしさを、白日のもとにさらけ出して見せる描写の巧みさがあった。これ以降、山本は『眠れるラプンツェル』『ブラック・ティー』『群青(ぐんじょう)の夜の羽毛布』(いずれも1995)と着実に恋愛小説作家としての地歩を固めてゆく。
 98年『恋愛中毒』により吉川英治文学新人賞を受賞。男女関係に限らず、人と人との付き合いにおける「距離」のとり方の難しさを、ストーカーという新しい題材に託して描いた力作だった。続いて2001年、フリーターや主婦など世間的には無職と呼ばれる人たちを描いた短編集『プラナリア』(2000)で第124回直木賞を受賞。ジュニア小説家から鮮やかな転身を果たした。[関口苑生]
『『プラナリア』(2000・文芸春秋) ▽『きらきら星をあげよう』『あなたには帰る家がある』(集英社文庫) ▽『パイナップルの彼方』『ブルーもしくはブルー』『きっと君は泣く』『ブラック・ティー』『恋愛中毒』(角川文庫) ▽『眠れるラプンツェル』『群青の夜の羽毛布』(幻冬舎文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本文緒の関連情報