三木市(読み)みき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三木〔市〕
みき

兵庫県南東部,加古川の支流美嚢川流域の市。南部は神戸市に接する。1954年三木町と別所村,細川村,口吉川村の 3村が合体して市制。同年志染村を,2005年吉川町を編入。中世末期は別所氏の城下町。近世以降は大工道具を主とした金物の町として知られ,金属製品の事業所が多い。吉川は灘五郷酒米の産地として有名。1960年代後半から周辺の丘陵地に大規模な住宅団地,別所に工業団地が建設され,ゴルフ場の開発も相次いだ。古社寺が多く,伽耶院の本堂・多宝塔・三坂明神社本殿,東光寺本堂,天津神社本殿,歓喜院聖天堂,稲荷神社本殿はいずれも国の重要文化財に指定されている。神戸電鉄粟生線,国道175号線,428号線,山陽自動車道中国縦貫自動車道,近畿自動車道敦賀線(舞鶴若狭自動車道)が通る交通の要地。面積 176.51km2。人口 7万7178(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三木市の関連情報