コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山羊の歌 やぎのうた

大辞林 第三版の解説

やぎのうた【山羊の歌】

詩集。中原中也作。1934年(昭和9)刊。初期詩編からの五章構成。文語定型詩から童謡的な口語詩に至る詩法の推移、詩想の変遷を定着させた生前唯一の詩集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山羊の歌
やぎのうた

中原中也(ちゅうや)の第一詩集。1932年(昭和7)の春ごろ、編集作業を開始し、44詩篇(しへん)を収録して10月ごろ印刷を終了。その後、2年ほどの曲折を経て、1934年12月、200部限定、高村光太郎の装丁によって背表紙に金箔(きんぱく)を押した四六倍判函(はこ)入、3円50銭の豪華本仕様として文圃(ぶんぽ)堂から刊行された。
 その大方は、「初期詩篇」「少年時」「みちこ」「秋」の四つの章にわたって、同人誌「白痴群」を中心に昭和4、5年の発表作品で占められ、そのうえに四つの新詩篇を加え、また最終詩章「羊の歌」3詩篇の成稿を待ってとりまとめたと考えられる構造をみせる。これら七つの新詩篇は、詩集の構成上特別重要な位置を占め、とくに最終詩篇「いのちの聲(こえ)」の最終行の「ゆふがた、空の下で、身一点に感じられれば、万事に於(おい)て文句はないのだ」には、中也の純粋な詩心の長い苦悩、格闘、挫折(ざせつ)のすえにたどり着いた到達点が示されている。
 刊行時、河上徹太郎の「彼に於て初て正しい抒情詩が邦語で歌はれたのを認める」という詩史にわたる評価のほか小林秀雄、草野心平、また日夏耿之介(ひなつこうのすけ)をはじめとする高い評価があった。[岡崎和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山羊の歌の関連キーワード在りし日の歌中原 中也口語詩詩想詩法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山羊の歌の関連情報