山藤章二(読み)ヤマフジショウジ

  • やまふじしょうじ〔やまふぢシヤウジ〕
  • 山藤章二 やまふじ-しょうじ

百科事典マイペディアの解説

イラストレーター,漫画家。東京生れ。1960年武蔵野美術学校卒業後,ナショナル宣伝研究所勤務。1964年退社し,1969年野坂昭如《エロトピア》の挿絵で注目される。巧みな似顔絵とブラック・ユーモアを交えた世相風刺が特色。1976年より《週刊朝日》の最終ページで《山藤章二のブラック・アングル》を連載。また1981年からは同誌に《山藤章二の似顔絵塾》も連載している。落語などへの関心も高く,著書に《対談笑い〉の構造》などがある。2004年紫綬褒章受章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1937- 昭和後期-平成時代のイラストレーター,漫画家。
昭和12年2月20日生まれ。「世相あぶり出し」や野坂昭如(あきゆき)の連載小説「エロトピア」などのイラストで注目され,昭和45年講談社出版文化賞,46年文芸春秋漫画賞。絵師を自称し,51年から「週刊朝日」に連載の「山藤章二のブラック・アングル」は似顔絵と政治・社会風刺で好評を博す。58年菊池寛賞。東京出身。武蔵野美術学校(現武蔵野美大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山藤章二の関連情報