コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山藤章二 ヤマフジショウジ

3件 の用語解説(山藤章二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまふじ‐しょうじ〔やまふぢシヤウジ〕【山藤章二】

[1937~ ]イラストレーター・漫画家。東京の生まれ。独特な手法で芸能人や政治家などの似顔絵を描き、人気を集める。鋭く世相に切り込んだ風刺漫画も評価が高い。代表作「山藤章二ブラックアングル」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山藤章二【やまふじしょうじ】

イラストレーター,漫画家。東京生れ。1960年武蔵野美術学校卒業後,ナショナル宣伝研究所勤務。1964年退社し,1969年野坂昭如《エロトピア》の挿絵で注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山藤章二 やまふじ-しょうじ

1937- 昭和後期-平成時代のイラストレーター,漫画家。
昭和12年2月20日生まれ。「世相あぶり出し」や野坂昭如(あきゆき)の連載小説「エロトピア」などのイラストで注目され,昭和45年講談社出版文化賞,46年文芸春秋漫画賞。絵師を自称し,51年から「週刊朝日」に連載の「山藤章二のブラック・アングル」は似顔絵と政治・社会風刺で好評を博す。58年菊池寛賞。東京出身。武蔵野美術学校(現武蔵野美大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山藤章二の関連キーワード真鍋博大橋歩河村要助黒田征太郎平忠彦辻隆灘本唯人水森亜土南伸坊湯村輝彦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山藤章二の関連情報