コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山辺健太郎 やまべ けんたろう

2件 の用語解説(山辺健太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山辺健太郎 やまべ-けんたろう

1905-1977 大正-昭和時代の労働運動家。
明治38年5月20日生まれ。大阪で労働運動にはいり,日本楽器争議などを支援。四・一六事件,治安維持法違反で検挙され,獄中で敗戦をむかえる。戦後は共産党統制委員などをつとめた。昭和52年4月16日死去。71歳。東京出身。著作に「社会主義運動半生記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山辺健太郎
やまべけんたろう
(1905―1977)

労働運動家、朝鮮近代史・日本社会主義運動史研究家。明治38年5月20日東京市本郷区台町に生まれる。1921年(大正10)大阪で初のメーデーに参加、労働運動に従事、四・一六事件で検挙されたが、33年(昭和8)暮れ非転向で出獄。41年日米開戦で検挙、非転向のため予防拘禁所入りし獄中細胞に参加。45年10月10日治安維持法廃止で出獄、戦後の日本共産党で書記局員、統制委員となる。党史委員にもなり、日本共産党史、社会主義運動史、朝鮮近代史研究に入り、58年(昭和33)の第7回大会後は日本社会運動史や朝鮮近代史の執筆に専念した。自伝に『社会主義運動半生記』(岩波新書)、編著書に『現代史資料 社会主義運動1~7』(みすず書房)、『日韓併合小史』(岩波新書)などがある。昭和52年4月16日死去。[犬丸義一]
『遠山茂樹他編『山辺健太郎 回想と遺文』(1980・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山辺健太郎の関連キーワード恐怖映画磁鉄鉱系列竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone