コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山辺健太郎 やまべ けんたろう

2件 の用語解説(山辺健太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山辺健太郎 やまべ-けんたろう

1905-1977 大正-昭和時代の労働運動家。
明治38年5月20日生まれ。大阪で労働運動にはいり,日本楽器争議などを支援。四・一六事件,治安維持法違反で検挙され,獄中で敗戦をむかえる。戦後は共産党統制委員などをつとめた。昭和52年4月16日死去。71歳。東京出身。著作に「社会主義運動半生記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山辺健太郎
やまべけんたろう
(1905―1977)

労働運動家、朝鮮近代史・日本社会主義運動史研究家。明治38年5月20日東京市本郷区台町に生まれる。1921年(大正10)大阪で初のメーデーに参加、労働運動に従事、四・一六事件で検挙されたが、33年(昭和8)暮れ非転向で出獄。41年日米開戦で検挙、非転向のため予防拘禁所入りし獄中細胞に参加。45年10月10日治安維持法廃止で出獄、戦後の日本共産党で書記局員、統制委員となる。党史委員にもなり、日本共産党史、社会主義運動史、朝鮮近代史研究に入り、58年(昭和33)の第7回大会後は日本社会運動史や朝鮮近代史の執筆に専念した。自伝に『社会主義運動半生記』(岩波新書)、編著書に『現代史資料 社会主義運動1~7』(みすず書房)、『日韓併合小史』(岩波新書)などがある。昭和52年4月16日死去。[犬丸義一]
『遠山茂樹他編『山辺健太郎 回想と遺文』(1980・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山辺健太郎の関連キーワード吾妻光俊石川知福伊藤卯四郎佐竹五三九佐野芳雄荘原達土井直作原虎一藤田若雄堀卯太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone