コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡原 おかはる

2件 の用語解説(岡原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡原
おかはる

熊本県南部,人吉盆地南東部の地域。旧村名。 1889年岡本村,宮原 (みやはる) 村が合体して発足。 2003年上村,免田町,須恵村,深田村と合併し,あさぎり町となった。球磨川の支流井口川の扇状地上に水田が発達し,水稲のほか,タバコイグサを栽培。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡原
おかはる

熊本県南東部、球磨(くま)郡にあった旧村名(岡原村(むら))。現在は球磨郡あさぎり町の中部、東寄りを占める地区。2003年(平成15)免田(めんだ)町、上(うえ)村、須恵(すえ)村、深田村と合併し、あさぎり町となる。旧岡原村地区は、人吉(ひとよし)盆地の東部に位置し、上村(うえむら)断層線で南北に二分され、南半は北西に向けて漸次傾斜する山地(中生代堆積(たいせき)岩)、北半は台地性の扇状地(段丘礫層(れきそう))をなす。扇状地面は、江戸時代開削された百太郎(ひゃくたろう)溝、幸野(こうの)溝の用水路によって、水田化率は高いが、低生産地帯であるため、それを補うものとして、伝統的な子牛(和牛)生産のほかに酪農も導入されている。また林業ではシイタケ原木のクヌギ生産が盛んである。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡原の関連情報