コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須恵 すえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須恵
すえ

熊本県南部,人吉盆地の中央北部にある地域。旧村名。 2003年上村,免田町,岡原村,深田村と合併し,あさぎり町となった。米のほかメロン,タバコ,肉牛を産する。 1935~36年アメリカの文化人類学者 J.F.エンブリーがこの地で日本の農村の実態調査を行ない,それをもとに著わした『須恵村』 (1939) で有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すえ【須恵】

福岡県北西部、糟屋かすや郡の町。かつて炭鉱町として栄えた。福岡藩窯の須恵焼窯跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須恵
すえ

熊本県南東部、球磨(くま)郡にあった旧村名(須恵村(むら))。村名は平安末期創設の須恵荘(しょう)による。現在は球磨郡あさぎり町の北端部にあたる地域。2003年(平成15)免田(めんだ)町、上(うえ)村、岡原(おかはる)村、深田村と合併し、あさぎり町となる。須恵の地名はあさぎり町内の旧須恵村区域に残る。旧須恵村地区は、南半は球磨川水系の形成した沖積低地ならびに阿蘇(あそ)溶結凝灰岩の丘陵地(人吉(ひとよし)盆地)、北半は四万十(しまんと)層群の山地(九州山地北部)からなる。南端近くをほぼ東西に球磨川が流下し、その両岸に水田地帯が開けているが、区域の70%余は林野である。産業の中心は農林業にあり、スギの育成に力を注いできた。第二次世界大戦前の日本農村の典型として、この村の名を著書『SUYE MURA』によって世界に広めたシカゴ大学の社会人類学者ジョン・F・エンブリー夫妻の住居跡は、いまも日本を訪れる外国人学者の立ち寄り先の一つになっている。[山口守人]
『J・F・エンブリー著、植村元覚訳『日本の村――須恵村』(1978・日本経済評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須恵の関連キーワード能美古墳群と国内最古の文字入り須恵器福井県丹生郡越前町小曽原老洞岐阜県岐阜市芥見朝倉須恵器窯跡鏡山(滋賀県)陶邑古窯址群小杉丸山遺跡福岡県糟屋郡南比企窯址群小野田[市]備前古窯跡群向山七尾窯跡寒風古窯跡群向山3号墳津軽金山焼菅ノ沢遺跡須恵[町]大判池窯跡須恵(町)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須恵の関連情報