コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎文夫 おかざきふみお

3件 の用語解説(岡崎文夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡崎文夫
おかざきふみお

[生]1888.2.23. 富山,婦中
[没]1950.3.24. 富山
東洋史学者。 1912年京都大学史学科卒業。 24年東北大学助教授,26年教授。中国古代史の実証的研究,特に南北朝史の開拓に成果をあげた。主著『魏晋南北朝通史』 (1932) ,『南北朝における社会経済制度』 (35) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎文夫 おかざき-ふみお

1888-1950 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治21年2月23日生まれ。内藤湖南にまなぶ。大正8年中国に留学。10年仏教大(現竜谷大)教授,15年東北帝大教授。魏晋南北朝時代の社会経済制度を専門とした。昭和25年3月24日死去。62歳。富山県出身。京都帝大卒。字(あざな)は煥卿。号は桜洲。著作に「魏晋南北朝通史」「古代支那史要」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡崎文夫
おかざきふみお
(1888―1950)

中国史、とくにその中世史研究者。富山県婦中町(現、富山市)に生まれる。第四高等学校を経て、京都大学史学科に入り、教授内藤虎次郎(とらじろう)の学風に魅了され、卒業後大学院に入り研究を続けた。中国に2年間留学し、帰国して仏教大学の教授となったが、1924年(大正13)東北帝国大学助教授に招かれ、以後教授となった。49年(昭和24)の定年まで仙台にあり、同僚の青木正児(まさる)、武内義雄とあわせて「シナ学三羽烏(さんばがらす)」と称せられた。その学は章句に拘泥せず大局をつかみ、『支那(しな)古代史要』『魏晋(ぎしん)南北朝通史』『支那史概説上』などの著述があり、『南北朝における社会経済制度』はとくに名著と称せられる。ほかに多くの論文があり、問題の選定、解明に天才的なひらめきがあった。[宮崎市定]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡崎文夫の関連キーワード石田幹之助岩井大慧橋本増吉石浜純太郎岸本茂雄小杉余子鈴木俊高木一三福井康順守屋美都雄

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone