コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武内義雄 たけうち よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武内義雄 たけうち-よしお

1886-1966 大正-昭和時代の中国哲学者。
明治19年6月9日生まれ。狩野直喜にまなぶ。東北帝大教授,宮内省御用掛などを歴任。中国古代思想史の研究に文献批判の方法を導入,「老子の研究」「諸子概説」「論語之研究」などをあらわした。昭和35年文化功労者。昭和41年6月3日死去。79歳。三重県出身。京都帝大卒。号は述庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけうちよしお【武内義雄】

1886‐1966(明治19‐昭和41)
中国哲学者。三重県の生れ。京都帝国大学を卒業後,東北大学教授,さらに宮内省御用掛として皇太子の教育に当たる。帝国学士院会員,文化功労者。儒教尊重の古い漢学を排して科学的な思想史学を樹立,初めて仏教をとりこんだ《支那思想史》を著し,《老子原始》《論語の研究》で精密な文献批判の方法を確立したほか,《論語》その他の校定と訳注にも成果をあげた。【金谷 治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武内義雄
たけうちよしお
(1886―1966)

中国哲学者。文学博士。三重県に生まれる。京都帝国大学卒業。東北帝国大学教授、さらに宮内省御用掛(ごようがかり)として皇太子の教育にあたった。帝国学士院会員。1960年(昭和35)文化功労者。終始、日本の中国哲学界をリードし、主観的な古い儒教尊重の風を排して、科学的な思想史学を樹立することに成功した。初めて仏教思想を取り込んだ『支那(しな)思想史』の著はそれを証明している。『老子原始』(1926)、『論語之研究』(1939)は、『老子』や『論語』の内容を精密に検討して、それらが長年にわたる集積のうえに完成されたことを実証的に解明した画期的な著作で、「武内学」の文献批判の方法がここに確立された。また『論語』『老子』その他の訳注では厳密な校定を旨とし、そのために多くの日本の古写本を自ら発見し利用した。それによって国宝保存会委員ともなった。[金谷 治]
『『武内義雄全集』全10巻(1978、1979・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武内義雄の関連キーワード神仙思想原始社会論語義疏昭和時代岡崎文夫秦慧玉経学荘子太一中庸趙匡啖助李翺

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android