コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田温 おかだゆたか

3件 の用語解説(岡田温の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岡田温【おかだゆたか】

農民・農政指導者。伊予(いよ)国出身。郷里の農会技師時代,別子銅山四阪島煙害問題で住友財閥とたたかい,1921年以降は帝国農会幹事や衆議院議員として農政活動をした。
→関連項目農本主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田温 おかだ-ゆたか

1870-1949 明治-昭和時代の農業指導者,政治家。
明治3年6月2日生まれ。郷里愛媛県の農会技師をへて,大正10年帝国農会幹事。この間住友別子銅山の四阪島煙害問題の解決につとめた。また農業経営改善調査や,米生産費調査などをおこなった。13年衆議院議員。昭和24年7月26日死去。80歳。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだゆたか【岡田温】

1870‐1949(明治3‐昭和24)
農民・農政指導者。愛媛県の中地主の長男に生まれ,1899年東大農科実科を卒業。全国農事会(帝国農会の前身)に入ったが1年余で帰郷。郡と県の農会技師となり,1908年からは別子銅山の四阪島煙害問題で農民の先頭に立ち,住友財閥と闘って解決に努めた。21年帝国農会幹事となり,とくに簿記による日本の米生産費調査を初めて手がけ,農業経営と農村改善のための基本調査などを指導。また,《帝国農会報》などに論文を発表して,家族小農主義に基づく農村更生を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡田温の関連キーワード加藤咄堂笹川臨風秋山金次郎阿部ヤス井坂孝小林秀穂野村洋三平野勇藤本清兵衛(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡田温の関連情報