コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田温 おかだゆたか

百科事典マイペディアの解説

岡田温【おかだゆたか】

農民・農政指導者。伊予(いよ)国出身。郷里の農会技師時代,別子銅山四阪島煙害問題で住友財閥とたたかい,1921年以降は帝国農会幹事や衆議院議員として農政活動をした。
→関連項目農本主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田温 おかだ-ゆたか

1870-1949 明治-昭和時代の農業指導者,政治家。
明治3年6月2日生まれ。郷里愛媛県の農会技師をへて,大正10年帝国農会幹事。この間住友別子銅山の四阪島煙害問題の解決につとめた。また農業経営改善調査や,米生産費調査などをおこなった。13年衆議院議員。昭和24年7月26日死去。80歳。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おかだゆたか【岡田温】

1870‐1949(明治3‐昭和24)
農民・農政指導者。愛媛県の中地主の長男に生まれ,1899年東大農科実科を卒業。全国農事会(帝国農会の前身)に入ったが1年余で帰郷。郡と県の農会技師となり,1908年からは別子銅山の四阪島煙害問題で農民の先頭に立ち,住友財閥と闘って解決に努めた。21年帝国農会幹事となり,とくに簿記による日本の米生産費調査を初めて手がけ,農業経営と農村改善のための基本調査などを指導。また,《帝国農会報》などに論文を発表して,家族小農主義に基づく農村更生を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡田温の関連情報