コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩洞湖 ガンドウコ

デジタル大辞泉の解説

がんどう‐こ【岩洞湖】

岩手県中央北部にある人造湖湛水(たんすい)面積は5.8平方キロメートル。周辺はシラカバ・アカマツ・カラマツの混合林灌漑(かんがい)・発電などのための多目的ダムがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩洞湖
がんどうこ

岩手県中央部、盛岡(もりおか)市の北部にある人造湖。丹藤(たんとう)川をせき止めてつくられた灌漑(かんがい)用の岩洞ダムは、日本で最初の土石混合型ダムで、北上川特定地域総合開発の一環として1961年(昭和36)に完成。堤高40メートル、堤長351メートル、貯水量6560万立方メートル。ここから北上川をサイフォンで横断し、岩手山麓(さんろく)の原野を灌漑する。湖の周辺は外山(そとやま)早坂高原県立自然公園の一部で、家族旅行村が設けられ、観光レクリエーション開発が進められている。盛岡市からバス便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩洞湖の言及

【玉山[村]】より

…主産業は農業で,米のほかホップ,野菜などの栽培,畜産が行われる。外山早坂高原県立自然公園に含まれる岩洞(がんどう)湖,スズランの名所として知られる姫神山などの景勝地があり,姫神山西麓の渋民は石川啄木の生地で,啄木記念館がある。【松橋 公治】。…

※「岩洞湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩洞湖の関連キーワード岩手県盛岡市玉山区薮川玉山(旧村名)岩手県盛岡市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩洞湖の関連情報