コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩洞湖 ガンドウコ

3件 の用語解説(岩洞湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がんどう‐こ【岩洞湖】

岩手県中央北部にある人造湖。湛水(たんすい)面積は5.8平方キロメートル。周辺はシラカバアカマツカラマツの混合林。灌漑(かんがい)・発電などのための多目的ダムがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

岩洞湖(がんどうこ)

岩手県盛岡市玉山区の北上川水系丹藤川にある岩洞ダムのダム湖。周辺は外山早坂高原県立自然公園に指定され、春は新緑、秋は紅葉が美しい。湖畔に岩洞湖家族旅行村キャンプ場がある。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩洞湖
がんどうこ

岩手県中央部、盛岡(もりおか)市の北部にある人造湖。丹藤(たんとう)川をせき止めてつくられた灌漑(かんがい)用の岩洞ダムは、日本で最初の土石混合型ダムで、北上川特定地域総合開発の一環として1961年(昭和36)に完成。堤高40メートル、堤長351メートル、貯水量6560万立方メートル。ここから北上川をサイフォンで横断し、岩手山麓(さんろく)の原野を灌漑する。湖の周辺は外山(そとやま)早坂高原県立自然公園の一部で、家族旅行村が設けられ、観光レクリエーション開発が進められている。盛岡市からバス便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩洞湖の言及

【玉山[村]】より

…主産業は農業で,米のほかホップ,野菜などの栽培,畜産が行われる。外山早坂高原県立自然公園に含まれる岩洞(がんどう)湖,スズランの名所として知られる姫神山などの景勝地があり,姫神山西麓の渋民は石川啄木の生地で,啄木記念館がある。【松橋 公治】。…

※「岩洞湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩洞湖の関連キーワード北上雫石川南部人造湖湛水直播五十里湖井川湖錦秋湖御所湖田瀬湖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩洞湖の関連情報