コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩版 がんばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩版
がんばん

縄文時代の遺物の一つ。石製凝灰岩砂岩などが用いられている。文様が施され,一般には扁平である。土版と同じく信仰に関係するものと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんばん【岩版】

縄文後期・晩期に作られた、楕円形または長方形の扁平へんぺいな石製品。表裏両面に彫文があり、土版と同様護符と考えられる。 → 土版

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩版
がんばん

縄文時代晩期に限って、東北地方を中心に関東地方にかけてみられるもので、泥岩や砂岩などの軟らかい石材を方形もしくは楕円(だえん)形に調整し、その片面もしくは両面に特殊な文様を彫り込んだ石製品。ほぼ同時期に、同一地域にみられる土版と形態、文様が類似しているので、両者の用途はあまり違わないものであったと考えられる。岩版の文様には、S字状などの連続入組み文で全面を飾ったものや、縦に中心線を引いて、その両側に対称的に弧状文や渦巻文を配したものなどがある。また一端に顔面様のモチーフを施したものがまれにある。護符などのように精神的世界に関与した遺物と考えられる。[大塚和義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩版の言及

【土版】より

…大きさは5~15cmで長方形または楕円形の板状をなすが,厚味があって内部が中空のものもある。岩版は材質が異なるだけで土版と同じような大きさ・文様をもち,用途も同じものである。晩期の土器型式の変遷に応じて土版,岩版も変遷をとげることが明らかとなっているが,東北地方では前半は岩版の割合が大きく,後半は土版が多い。…

※「岩版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩版の関連キーワード瀧沢石器時代遺跡上黒岩岩陰遺跡梁瀬浦遺跡中沢目貝塚小牧野遺跡亀ヶ岡遺跡磨製石器茅野遺跡縄文時代石器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩版の関連情報