岩版(読み)がんばん

大辞林 第三版の解説

がんばん【岩版】

縄文後期・晩期に作られた、楕円形または長方形の扁平へんぺいな石製品。表裏両面に彫文があり、土版と同様護符と考えられる。 → 土版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩版
がんばん

縄文時代晩期に限って、東北地方を中心に関東地方にかけてみられるもので、泥岩や砂岩などの軟らかい石材を方形もしくは楕円(だえん)形に調整し、その片面もしくは両面に特殊な文様を彫り込んだ石製品。ほぼ同時期に、同一地域にみられる土版と形態、文様が類似しているので、両者の用途はあまり違わないものであったと考えられる。岩版の文様には、S字状などの連続入組み文で全面を飾ったものや、縦に中心線を引いて、その両側に対称的に弧状文や渦巻文を配したものなどがある。また一端に顔面様のモチーフを施したものがまれにある。護符などのように精神的世界に関与した遺物と考えられる。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩版の言及

【土版】より

…大きさは5~15cmで長方形または楕円形の板状をなすが,厚味があって内部が中空のものもある。岩版は材質が異なるだけで土版と同じような大きさ・文様をもち,用途も同じものである。晩期の土器型式の変遷に応じて土版,岩版も変遷をとげることが明らかとなっているが,東北地方では前半は岩版の割合が大きく,後半は土版が多い。…

※「岩版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android