コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土版 どばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土版
どばん

縄文時代の後・晩期の板状土製品。東日本に多い。楕円形または長方形で,長径は6~15cmぐらいである。文様は磨消縄文や沈線文,また渦巻文など縄文晩期の亀ヶ岡式土器の文様などが施されている。土版の発生については,土偶が抽象化し,手足がとれて土版になったといわれている。用途は,穴のあいたものもあり,携帯に手頃な大きさであることから,一般に護符と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ど‐ばん【土版】

東日本の縄文時代晩期の土製品。長さ5~15センチほどの長方形または楕円形の板で、表裏に顔の表現や文様がある。呪術(じゅじゅつ)・護符用のものと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どばん【土版】

日本の縄文時代晩期にみられる土製品で,東日本の亀ヶ岡遺跡やその影響下にあった地域で製作され使用された。大きさは5~15cmで長方形または楕円形の板状をなすが,厚味があって内部が中空のものもある。岩版は材質が異なるだけで土版と同じような大きさ・文様をもち,用途も同じものである。晩期の土器型式の変遷に応じて土版,岩版も変遷をとげることが明らかとなっているが,東北地方では前半は岩版の割合が大きく,後半は土版が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どばん【土版】

縄文晩期の呪術的な土製品。楕円形・長方形の版の両面に文様や人面が表現されている。土偶に共通した呪術具や護符と考えられる。東日本に分布。 → 土偶岩版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土版
どばん

縄文時代のもっぱら晩期に、東北地方を中心に関東・中部地方に発達した土製品である(一部、後期に属するものもある)。楕円(だえん)形または長方形を呈し、大きさ(長さ)は数センチメートルから十数センチメートル程度で扁平(へんぺい)である。平坦(へいたん)な表裏面はなんらかの文様で飾られている。多くは土器型式のそれにほぼ対応するモチーフのものである。なかには上半部に顔面を表したものがみられる。また、上縁に小孔を有する例が知られているが、これは懸垂のためのものであり、この場合、土版は護符として佩用(はいよう)されたとする解釈を生んでいる。呪術(じゅじゅつ)的な性格をもつ遺物である。同種の遺物として、軟らかい岩石でつくられた岩版がある。[岡本 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

土版の関連キーワード松本市立考古博物館上高津貝塚垣ノ島遺跡新石器時代真福寺貝塚馬高遺跡大森貝塚広畑貝塚瓦版爪印

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土版の関連情報