峭絶(読み)ショウゼツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぜつ〔セウ‐〕【×峭絶】

[形動][文][ナリ]高く険しく切り立つさま。
「四壁―なる断崖を成し」〈志賀重昂・日本風景論〉
[名]非常に険しい山。
「直に潙山の―に行きて」〈正法眼蔵・行持・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぜつ【峭絶】

( 形動ナリ )
高くけわしいさま。 「その奇怪-なる姿は/日光山の奥 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぜつ セウ‥【峭絶】

〘形動ナリ・タリ〙 山・崖(がけ)などがきりそいだように険しくそびえているさま。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「黿出で没するを、峭絶壁下に瞰る」 〔白居易‐双石詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android