川合清丸(読み)かわいきよまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「川合清丸」の解説

川合清丸
かわいきよまる

[生]嘉永1(1848).11.21. 伯耆
[没]1917.6.24. 相模
明治の社会教育家。は子徳,諱は清丸,山陰道士,一加,惺々などと号した。代々太一垣神社の社掌で幼いときから神儒のを修め,真教塾を創立して子弟を教育した。伏見大坂などで儒学仏典,キリスト教学などを学び,神儒仏三道一致を唱える。この三道は国家の根本精神とすべき教学,国民必須の学問であるとし,国家主義者の中枢となる。 1888年日本国教大道社を創立し,月刊『大道叢誌』を発行して所説を主張した。著書には『大和魂』『建国之大本』その他があり,『川合清丸全集』 (10巻) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典「川合清丸」の解説

川合清丸

没年:大正6.6.24(1917)
生年:嘉永1.11.21(1848.12.16)
明治時代の神道家。伯耆国河村郡(鳥取県東伯郡)の神官の家に生まれる。長じて出郷し京阪と東京で儒仏学を研鑽する。日本国教社大道社を設立(1888)し,機関誌『日本国教大道叢誌』を刊行するとともに,大道学館を開設して青年の育成にも当たる。神儒仏の三教一致説を説き,三道が合して大道という。<参考文献>小谷恵造『川合清丸とその周辺』

(中野実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「川合清丸」の解説

川合清丸 かわい-きよまる

1848-1917 明治-大正時代の宗教家。
嘉永(かえい)元年11月21日生まれ。家職をついで太一垣神社社掌となる。のち東京で鳥尾小弥太師事,神儒仏統一の国教創定をとなえた。明治21年日本国教大道社を創立し,雑誌「日本国教大道叢誌」を発行。大正6年6月24日死去。70歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。字(あざな)は子徳。号は山陰道士。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「川合清丸」の解説

かわい‐きよまる【川合清丸】

宗教家。国家主義思想家。伯耆国(鳥取県)の神官の家に生まれ、家職を継ぐ。のち上京して鳥尾得庵、山岡鉄舟らと日本国教大道社を創立し、「大道叢誌(そうし)」を発刊。神儒仏三道を国教とし、国粋思想の復興を説いた。著に「大和魂」「建国の大本」など。嘉永元~大正六年(一八四八‐一九一七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android