コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥尾小弥太 トリオコヤタ

6件 の用語解説(鳥尾小弥太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりお‐こやた〔とりを‐〕【鳥尾小弥太】

[1847~1905]軍人・政治家。陸軍中将。長門の人。反欧化主義の立場から谷干城らと保守中正派を結成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳥尾小弥太【とりおこやた】

明治の軍人,政治家。長州藩士。戊辰戦争では各地を転戦し,1870年兵部省に出仕,以後,陸軍中将,近衛都督に進んだが病気退職。1888年枢密顧問官。1889年条約改正中止と反欧化主義を唱え,谷干城佐佐木高行らと保守中正派を結成,《保守新論》を創刊,反伊藤博文派として行動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥尾小弥太 とりお-こやた

1848*-1905 明治時代の軍人,政治家。
弘化(こうか)4年12月5日生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。明治3年兵部省にはいり,大阪鎮台司令長官,近衛都督などをつとめ13年陸軍中将で退職。21年保守党中正派を組織し,機関誌「保守新論」を発行した。枢密顧問官,貴族院議員。明治38年4月13日死去。59歳。本姓は中村。名は敬高(孝)。号は得庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥尾小弥太

没年:明治38.4.13(1905)
生年:弘化4.12.5(1848.1.10)
明治期の陸軍軍人,政治家。号は得庵。長州(萩)藩士中村敬義の長男。乱暴,剽悍 のため父母から放逐,自ら鳥尾と名乗る。安政5(1858)年江川太郎左衛門の門下となり,文久3(1863)年奇兵隊に入る。戊辰戦争では鳥尾隊を編成して各地に転戦した。明治3(1870)年紀州(和歌山)藩の兵制改革を担当したあと兵部省に出仕。4年陸軍少将,陸軍省軍務局長などを経て,7年大阪鎮台司令長官。9~11年参謀局長。西南戦争(1877)では行在所陸軍事務取扱として兵站輜重を担当した。12~13年近衛都督となるが出仕せず,14年開拓使官有物払下げ事件が起こると,谷干城らと払下げの再議,「国憲創立議会」の開設を建白,以後藩閥批判の立場を強めた。15~18年内閣統計院長,19~20年ヨーロッパに出張,21年には日本国教大道社を設立して保守中正派を組織した。22年大隈重信外相の条約改正案に反対して,「大審院における外国人判事の任用は憲法違反」と非難,大隈に辞職を勧告,また民間の反対集会に参加したため戒諭された。23~28年貴族院議員。

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりおこやた【鳥尾小弥太】

1847‐1905(弘化4‐明治38)
明治期の軍人,政治家。長州藩士。得庵と号する。尊攘運動に参加し,戊辰戦争では鳥尾隊を率いて各地に転戦。1870年(明治3)兵部省に出仕,翌年陸軍少将となり兵学頭を兼ねる。次いで軍務局長,大阪鎮台司令長官,陸軍大輔,参謀局長,近衛都督,統計院長を歴任し,88年枢密顧問官となったが,病のため90年に退職した。88年には谷干城(たてき),佐々木高行らと保守的な中正党を組織し,機関誌《保守新論》を発刊して反伊藤博文派として行動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥尾小弥太
とりおこやた
(1847―1905)

明治時代の軍人。陸軍中将。子爵。号は得庵(とくあん)。弘化(こうか)4年12月5日長州藩士中村敬義の長男に生まれ、のちに鳥尾姓を名のる。奇兵隊に入って戊辰(ぼしん)戦争に従軍。1870年(明治3)陸軍に入り、陸軍省軍務局長、陸軍少輔(しょうゆう)、同大輔(たいふ)、参謀局長、近衛(このえ)都督などの要職を歴任、廃藩置県や西南戦争に功績をあげたが、山県有朋(やまがたありとも)ら陸軍の長州閥主流と相いれず、1880年軍職を退いた。その後、統計院長、元老院議官、枢密顧問官、貴族院議員などを務めたが、その間1888年には保守党中正派を結成、雑誌『保守新論』を発刊するなど反政府的立場にたつことが多かった。明治38年4月13日死去。[鳥海 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥尾小弥太の関連キーワード鳥尾得庵河村正彦児島惣次郎坂田虎之助土屋光春畑英太郎真鍋斌溝口直亮桃井直幹山岡熊治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥尾小弥太の関連情報