コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本治兵衛(2代) かわもと じへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本治兵衛(2代) かわもと-じへえ

?-1866 江戸時代後期の陶工。
初代川本治兵衛の3男。加藤民吉にまなび,文政8年(1825)2代治兵衛をつぐ。釣焼きによる額面の製造,銅版焼き(青花転写法),瑠璃釉(るりゆう)など技術の工夫・改良につとめた。磁器の衝立(ついたて),門柱,風炉先屏風(びょうぶ)などを製作。慶応2年5月死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。幼名は藤平。号は魁陶園,塐仙堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川本治兵衛(2代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android