コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本治兵衛(2代) かわもと じへえ

1件 の用語解説(川本治兵衛(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本治兵衛(2代) かわもと-じへえ

?-1866 江戸時代後期の陶工。
初代川本治兵衛の3男。加藤民吉にまなび,文政8年(1825)2代治兵衛をつぐ。釣焼きによる額面の製造,銅版焼き(青花転写法),瑠璃釉(るりゆう)など技術の工夫・改良につとめた。磁器の衝立(ついたて),門柱,風炉先屏風(びょうぶ)などを製作。慶応2年5月死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。幼名は藤平。号は魁陶園,塐仙堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川本治兵衛(2代)の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone