コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡見街道 じゅんけんかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巡見街道
じゅんけんかいどう

三重県北部,鈴鹿山脈東麓を北上し,岐阜県南西部にいたる街道。江戸時代初期,徳川家光が諸国に巡見使を派遣するため整備した街道で,亀山市東海道と分かれ,菰野町いなべ市の大安,北勢,藤原を経て岐阜県に入り,関ヶ原町不破関中山道と接していた。現在その大部分が国道 306号線となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

巡見街道の関連キーワード上石津

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android