コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山市 かめやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀山〔市〕
かめやま

三重県北部,鈴鹿山脈南東麓から伊勢平野に広がる市。北西部で滋賀県に接する。 1954年亀山町,昼生村,井田川村,川崎村,野登村の4村が合体,市制。 1955年白川村,神戸村の各一部を編入。 2005年町と合体。中心市街地の亀山は東海道宿場町,城下町で,城は鈴鹿川北岸の河岸段丘上にあった。城跡の多門櫓は正保年間 (1644~48) に築かれた武器庫で,当時から残る唯一の建築物。現在も古い町並みや野村一里塚 (国指定史跡) に当時の面影が残る。明治以降は関西本線の機関区が置かれ,鉄道の町として知られたほか,周辺の養蚕業を背景とした亀山製糸や亀山ろうそくの生産などで栄えた。ろうそくは現在も輸出向けの美術ろうそくとして市の特産品。 1965年名阪国道が通じてからは電機,機械などの工場が進出,養蚕業はチャ (茶) の栽培に取って代わった。関,坂下も宿場町の面影を残し,関は伝統的建造物群保存地区に指定されている。安楽川上流の石水渓はキャンプ,ハイキングの適地で付近一帯は鈴鹿国定公園に属する。 JR関西本線と紀勢本線の分岐点で,東名阪自動車道,伊勢自動車道,国道1号線,名阪国道などが集まる交通の要衝。面積 191.04km2。人口 5万254(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かめやま‐し【亀山市】

亀山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

亀山市の関連キーワード三重県亀山市関町富士ハイツ三重県亀山市関町白木一色三重県亀山市加太北在家三重県亀山市加太梶ヶ坂三重県亀山市加太中在家三重県亀山市関町泉ヶ丘三重県亀山市みずきが丘三重県亀山市アイリス町三重県亀山市関町福徳三重県亀山市関町沓掛三重県亀山市関町萩原三重県亀山市楠平尾町三重県亀山市関町小野三重県亀山市東御幸町三重県亀山市辺法寺町三重県亀山市みずほ台三重県亀山市関町市瀬三重県亀山市関町会下三重県亀山市関町金場三重県亀山市関町古厩

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀山市の関連情報