コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤甲人 くどう

3件 の用語解説(工藤甲人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

工藤甲人

日本画家。大正4年(1915)青森県生。名は儀助。川端画学校で学び、のち福田豊四郎に師事する。文部大臣賞・毎日芸術賞受賞。東京芸大名誉教授沖縄県立芸術大学客員教授。創画会会員。弘前市名誉市民神奈川県住。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤甲人 くどう-こうじん

1915-2011 昭和-平成時代の日本画家。
大正4年7月30日生まれ。川端画学校でまなび,のち福田豊四郎に師事。新制作協会をへて昭和49年創画会の創立に参加。53年東京芸大教授。63年芸術選奨。蝶や樹木をモチーフにした幻想的作風で知られた。平成23年7月29日死去。95歳。青森県出身。本名は儀助(よしすけ)。作品に「枯葉」「瑠璃光」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工藤甲人
くどうこうじん
(1915―2011)

日本画家。青森県に生まれる。1934年(昭和9)に上京し、川端画学校で学んだ。1939年、第2回新美術人協会展に出品、福田豊四郎らが組織する研究会に加わり、その指導を受けた。1940年に応召、1945年に復員。1950年(昭和25)の創造美術展に入選し、翌年と1956年の新制作展で新作家賞を受賞。1964年の現代日本美術展で『地の手と目』が優秀賞を受けた。この年、新制作協会会員となり、1974年創画会の結成に加わった。1971年東京芸術大学助教授、1978年教授となり、1983年同校を退官。風景を幻想味豊かに描き、画面に心象ののぞく作風は独特である。[原田 実・二階堂充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

工藤甲人の関連キーワード高校野球ブラッグエイクマン佐久間左馬太ジェラールシャノアーヌマクドナルド鉱物相包有物ライドル岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone