コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工藤甲人 くどう

3件 の用語解説(工藤甲人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

工藤甲人

日本画家。大正4年(1915)青森県生。名は儀助。川端画学校で学び、のち福田豊四郎に師事する。文部大臣賞・毎日芸術賞受賞。東京芸大名誉教授沖縄県立芸術大学客員教授。創画会会員。弘前市名誉市民神奈川県住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤甲人 くどう-こうじん

1915-2011 昭和-平成時代の日本画家。
大正4年7月30日生まれ。川端画学校でまなび,のち福田豊四郎に師事。新制作協会をへて昭和49年創画会の創立に参加。53年東京芸大教授。63年芸術選奨。蝶や樹木をモチーフにした幻想的作風で知られた。平成23年7月29日死去。95歳。青森県出身。本名は儀助(よしすけ)。作品に「枯葉」「瑠璃光」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工藤甲人
くどうこうじん
(1915―2011)

日本画家。青森県に生まれる。1934年(昭和9)に上京し、川端画学校で学んだ。1939年、第2回新美術人協会展に出品、福田豊四郎らが組織する研究会に加わり、その指導を受けた。1940年に応召、1945年に復員。1950年(昭和25)の創造美術展に入選し、翌年と1956年の新制作展で新作家賞を受賞。1964年の現代日本美術展で『地の手と目』が優秀賞を受けた。この年、新制作協会会員となり、1974年創画会の結成に加わった。1971年東京芸術大学助教授、1978年教授となり、1983年同校を退官。風景を幻想味豊かに描き、画面に心象ののぞく作風は独特である。[原田 実・二階堂充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工藤甲人の関連キーワード三輪良平後藤紀一青木和夫飛鳥井雅道天城勲日下包夫高木昭作曲子光男柚木学加藤陽子