コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差動装置 さどうそうち

2件 の用語解説(差動装置の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

差動装置【さどうそうち】

ディファレンシャルあるいはデフとも。2種以上の機械部品のそれぞれの運動の差または和を取り出して一つの部分を動かす装置。自動車の車軸に取りつけて,推進軸からの駆動力を両車輪に伝える差動歯車装置ディファレンシャルギヤ)が代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さどうそうち【差動装置 differential】

2種以上の機械部品のそれぞれの運動の差,または和を取り出して一つの部分を動かす装置。一般には順次にかみ合う複数個の歯車の中心を,リンクなどで固定連結した差動歯車装置differential gearを指すことが多い。一般に,この差動歯車装置の一つの歯車とリンクにそれぞれ回転を与えると,他の歯車の運動はすべて定まる。図1-aは差動歯車装置のもっとも簡単なもので,歯車a,b(歯数をそれぞれZa,Zbとする)はリンクdに回転軸を支えられ,互いにかみ合っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の差動装置の言及

【自動車】より

…ステアリング装置は,1878年にA.ボレーによって車輪を方向変換させるリンク機構が考案され,その後アッカーマンおよびジャントゥがこれを左右の車輪の切れ角が変わるように改良して操縦性を高め,その基本構造は現在まで受けつがれている。差動装置はすでに1827年に考案されており,歯車式変速機は98年から使われるようになり,丸型ハンドルは1900年ころからといわれている。空気入りタイヤは1887年J.B.ダンロップによって最初自転車用として考案されたが,やがて自動車にも採用され,操縦性,安定性および乗りごこちが画期的に向上し,自動車の高速走行を可能にした(タイヤ)。…

※「差動装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

差動装置の関連キーワード運動の第三法則各部各方面重ね織物代代流流各省機素粘性流体の運動方程式三造機械部品加工センター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

差動装置の関連情報