コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃痙攣 イケイレン

5件 の用語解説(胃痙攣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐けいれん〔ヰ‐〕【胃××攣】

上腹部が発作的に激しく痛む症状。実際に胃が痙攣するとは限らず、胆石症腎結石子宮外妊娠胃穿孔(いせんこう)虫垂炎・急性胃腸炎などでみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胃痙攣【いけいれん】

胃のあたりの発作的な激痛の総称。胃そのものの痙攣は実際にはほとんど存在せず,普通は胆石症,急性胃炎胃・十二指腸潰瘍(かいよう),急性腸炎ヒステリー薬物中毒,膵炎等による上腹部の発作的疼痛(とうつう)を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

胃痙攣

 胃壁の筋肉層の緊張が異常に亢進した状態.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いけいれん【胃痙攣 gastrospasm】

心窩部(しんかぶ)(みぞおち)に起こる疝痛(しぼるような強い痛み)は古くから胃痙攣と呼ばれてきた。胃痙攣は,このような症状に対する呼名であって,疾患名ではない。古くいわれた〈癪(しやく)〉もこれに当たる。原因として,急性胃炎,消化性潰瘍,胆石症,膵炎等々多くの疾患が挙げられる。したがって,胃痙攣の大部分は,実際には胃の痙攣を伴う痛みではない。消化性潰瘍による痛みは,通常食後2時間以上を経た空腹時に発生し,食事をとると痛みが軽減するのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いけいれん【胃痙攣】

上腹部に起こる発作ほつさ性の痛みの総称。胃潰瘍いかいよう・胆石たんせき症・虫垂炎ちゆうすいえんなどに付随して起こる症状で、単一の疾患ではない。 〔俗には胃の急激な痛みをいう〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胃痙攣の関連キーワードダンピング症候群無酸症鳩尾山火心窩新株落ち虫が齧る膝窩部ソラープレキサスパンチ溝落し蹄鉄 (dropped crease shoe)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone