コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴波川 うずまがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巴波川
うずまがわ

栃木県南部,関東平野の北縁を流れる渡良瀬川の支流。近世には「宇津間川」「鶉妻川」とも書かれた。全長 30.2km。水源は栃木市川原田,木野地の沼。小倉川を分水した新川,永野川などが合流して,渡良瀬遊水地で渡良瀬川に流入。江戸時代には舟運の便があり,栃木市繁栄の一因となった。今日では県南部の米作地帯に灌漑用水を供給。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うずま‐がわ〔うづまがは〕【巴波川】

栃木県中西部から南部に流れる川。栃木市北方に源を発し、同市南部の渡良瀬遊水地渡良瀬川に合流する。長さ30キロ。江戸時代の初めころから栃木と江戸を結ぶ舟運による交通路として重要な川だった。名の由来は、かつて渦を巻いて流れたことによる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕巴波川(うずまがわ)


栃木県南部を流れる川。栃木市北部の沼沢群に源を発し、南流・南西流して渡良瀬(わたらせ)川に注ぐ。1級河川(利根(とね)川水系)。延長30km。渡良瀬川との合流点近くに渡良瀬遊水池がある。近世から明治期にかけて水運が発達、河岸(かし)町が点在した。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

巴波川の関連キーワード渡良瀬遊水池栃木[市]栃木(市)部屋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巴波川の関連情報