コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巴波川 うずまがわ

3件 の用語解説(巴波川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巴波川
うずまがわ

栃木県南部,関東平野の北縁を流れる渡良瀬川の支流。近世には「宇津間川」「鶉妻川」とも書かれた。全長 30.2km。水源は栃木市川原田,木野地の沼。小倉川を分水した新川,永野川などが合流して,渡良瀬遊水地渡良瀬川に流入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うずま‐がわ〔うづまがは〕【巴波川】

栃木県中西部から南部に流れる川。栃木市北方に源を発し、同市南部の渡良瀬遊水地渡良瀬川に合流する。長さ30キロ。江戸時代の初めころから栃木と江戸を結ぶ舟運による交通路として重要な川だった。名の由来は、かつて渦を巻いて流れたことによる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕巴波川(うずまがわ)


栃木県南部を流れる川。栃木市北部の沼沢群に源を発し、南流・南西流して渡良瀬(わたらせ)川に注ぐ。1級河川(利根(とね)川水系)。延長30km。渡良瀬川との合流点近くに渡良瀬遊水池がある。近世から明治期にかけて水運が発達、河岸(かし)町が点在した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巴波川の関連キーワード栃木県栃木市旭町栃木県栃木市出流町栃木県栃木市入舟町栃木県栃木市小平町栃木県栃木市大町栃木県栃木市星野町栃木県栃木市本町栃木県栃木市宮町栃木県栃木市室町栃木県栃木市倭町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巴波川の関連情報