コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡良瀬遊水地 わたらせゆうすいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡良瀬遊水地
わたらせゆうすいち

栃木県南端,渡良瀬川の下流にある遊水池。別称赤麻遊水地。関東構造盆地(関東平野)の中心付近の低湿地の一部で,利根川と渡良瀬川の合流点に近く,栃木市を中心に,茨城県,群馬県,埼玉県の 4県にまたがる。1918年利根川,渡良瀬川などの河水調節および洪水防止,足尾銅山の鉱毒問題(→足尾鉱毒事件)の解決手段として,赤麻沼や石川沼などの沼地,谷中村の村域を含む面積約 33km2の遊水池がつくられた。谷中村の約 380戸の村民は那須郡や北海道などに移住した。1963年から 1997年にかけて渡良瀬川,巴波川思川に沿った囲繞堤,越流堤の設置が行なわれ,三つの調節池に分割された。洪水調節のほか,農業・工業用水などに利用される。本州最大級のアシを主体とした湿地が広がり,沿岸はよしずの産地として知られる。西岸の栃木市藤岡町に篠山貝塚などがある。2012年ラムサール条約に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わたらせ‐ゆうすいち〔‐イウスイチ〕【渡良瀬遊水地】

茨城・栃木・群馬・埼玉の4県にまたがる遊水地。アシオギなどを主体とする本州最大級の湿地が広がる。三つの調節池からなり、面積は約29平方キロメートル。平成24年(2012)ラムサール条約に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

渡良瀬遊水地【わたらせゆうすいち】

茨城,栃木,群馬,埼玉の各県にまたがる人工の洪水調節池。明治時代,足尾銅山の鉱毒被害拡散を防ぐための治水事業により計画され,渡良瀬,思,巴波の各河川の流路を変更して谷中村を移転させ,設置。
→関連項目ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

渡良瀬遊水地の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地群馬県邑楽郡板倉町足尾銅山鉱毒事件板倉(町)栃木(市)チュウヒ下宮地区古河市ヨシ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡良瀬遊水地の関連情報