市場分析(読み)しじょうぶんせき(英語表記)market analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場分析
しじょうぶんせき
market analysis

市場の規模,構造,特性などを明らかにするために,企業内外の資料を計数的に分析処理すること。手法としては,平均値,構成比などの単純な比較から,複雑な数学モデルによって結論を求める場合までいろいろある。特にオペレーションズ・リサーチ OR,決定理論,情報理論などの導入によって,その分析技法はかなり高度なものとなってきたが,それ以前に分析すべき資料の精度と選択が問題である。市場調査技法の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しじょうぶんせき【市場分析 market analysis】

ある製品の市場が現在どのような状況にあるか,また将来どのように変化するかについて調査,解明すること。通常,多数の計量的資料(市場データ)が利用され,これらを多様な手法を用いてデータのもつ正しい意味をさぐり,企業等の意思決定者にわかりやすい形で提供することが求められる。マーケティング・リサーチ【黒田 満】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市場分析
しじょうぶんせき
market analysis

企業が市場調査の一部として、市場の大きさを測定し市場特性を判定すること。広義には市場調査と同義に用いることもある。固有の市場分析の内容は、需要の測定と販売予測を中心にしており、この点で市場予測との関連や相違は、かならずしも明確でない。
 市場分析は、まず過去の販売分析から始められる。次に自社の潜在市場と潜在販売可能性の分析へと進む。これは、現在、市場の潜在販売高、地域別潜在市場の大きさと特性、市場の趨勢(すうせい)などを分析して、販売予測に到達するもので、市場分析の中心部分を占め、販売戦略策定の基礎になる。これらに必要な資料の収集方法としては、販売関係者の見通しの集計、消費者を対象にした調査、経営者の判断などがあるが、これらに企業内外の既存資料を加味し、指数化、傾向分析、相関分析、多変量分析、ORなどの操作により、最終的市場情報を導き出すようにする。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市場分析の関連情報