コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場分析 しじょうぶんせき market analysis

3件 の用語解説(市場分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場分析
しじょうぶんせき
market analysis

市場の規模,構造,特性などを明らかにするために,企業内外の資料を計数的に分析処理すること。手法としては,平均値,構成比などの単純な比較から,複雑な数学モデルによって結論を求める場合までいろいろある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しじょうぶんせき【市場分析 market analysis】

ある製品の市場が現在どのような状況にあるか,また将来どのように変化するかについて調査,解明すること。通常,多数の計量的資料(市場データ)が利用され,これらを多様な手法を用いてデータのもつ正しい意味をさぐり,企業等の意思決定者にわかりやすい形で提供することが求められる。マーケティング・リサーチ【黒田 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市場分析
しじょうぶんせき
market analysis

企業が市場調査の一部として、市場の大きさを測定し市場特性を判定すること。広義には市場調査と同義に用いることもある。固有の市場分析の内容は、需要の測定と販売予測を中心にしており、この点で市場予測との関連や相違は、かならずしも明確でない。
 市場分析は、まず過去の販売分析から始められる。次に自社の潜在市場と潜在販売可能性の分析へと進む。これは、現在、市場の潜在販売高、地域別潜在市場の大きさと特性、市場の趨勢(すうせい)などを分析して、販売予測に到達するもので、市場分析の中心部分を占め、販売戦略策定の基礎になる。これらに必要な資料の収集方法としては、販売関係者の見通しの集計、消費者を対象にした調査、経営者の判断などがあるが、これらに企業内外の既存資料を加味し、指数化、傾向分析、相関分析、多変量分析、ORなどの操作により、最終的市場情報を導き出すようにする。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場分析の関連キーワード購買状況による細分化記述的調査製品-市場間文脈成熟段階市場占有率プロダクト・ミックスや・ぐ食形態代替品の脅威マーケット・シェア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市場分析の関連情報