コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川中車(7世) いちかわちゅうしゃ[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川中車(7世)
いちかわちゅうしゃ[ななせい]

[生]万延1(1860).2.27.
[没]1936.7.11. 京都
歌舞伎俳優。屋号立花屋。本名橋尾亀次郎。幼時名古屋で修業し,1880年上京して9世市川団十郎門下となり,脇役として重用された。団十郎没後は大正,昭和の歌舞伎界の重鎮として活躍。堂々たる容貌体躯で,音吐朗々としたせりふ回しは定評があり,特に時代物立役にすぐれた。なお,中車は本来,市川八百蔵俳名であったが,7世八百蔵が 1918年に中車を名のってから芸名となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

市川中車(7世)の関連キーワード万延第二帝政ラトビア北京条約マイブリッジゲインズケスレルスペリードロッパーズバクストン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android