コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川中車(7世) いちかわちゅうしゃななせい

1件 の用語解説(市川中車(7世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川中車(7世)
いちかわちゅうしゃななせい

[生]万延1(1860).2.27.
[没]1936.7.11. 京都
歌舞伎俳優。屋号立花屋。本名橋尾亀次郎。幼時名古屋で修業し,1880年上京して9世市川団十郎の門下となり,脇役として重用された。団十郎没後は大正,昭和の歌舞伎界の重鎮として活躍。堂々たる容貌と体躯で,音吐朗々としたせりふ回しは定評があり,特に時代物の立役にすぐれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川中車(7世)の関連キーワード桂有彰栗本翠庵一分金新大判新小判万延金広幡忠朝ワイルマン灘扇福好

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone