コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿羊羹 カキヨウカン

デジタル大辞泉の解説

かき‐ようかん〔‐ヤウカン〕【柿羊×羹】

柿を煮詰めて作ったようかん。二つ割りの竹に詰めたりする。大垣市や広島市の郷土菓子 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

柿羊羹

秋田県横手市、木村屋が製造・販売する銘菓庄内柿干し柿をジャム状にし白餡に合わせて固めたもの。明治35(1902)年創製

柿羊羹

岐阜県大垣市、槌谷が製造・販売する銘菓。大垣市の名物菓子として知られる。岐阜特産の渋柿堂上蜂屋柿」を使用した羊羹

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柿羊羹
かきようかん

果実の風味を生かした練り羊かんの一種で、岐阜県大垣市と広島市の名物。大垣の柿羊羹は、1838年(天保9)槌谷(つちや)4代目の右助によりつくられた。美濃(みの)(岐阜県)特産の堂上蜂屋(はちや)柿を生干(なまぼ)しにし、これに水飴(みずあめ)、砂糖を加え、寒天で煮つめて竹筒に流し込んだもので、練り羊かんというより、柿のゼリーかんといった感じである。容器が現在のような半月形になったのは、5代目祐斎(ゆうさい)のときで、短気な客が羊かんを取り出しにくいのに腹をたて、店先にたたきつけた際、真っ二つに割れた竹筒がヒントになったという。広島の柿羊羹には特産の西条柿が使われる。1897年(明治30)創業の扇屋が手がけ、このほうは干し柿を用いるところが大垣の仕法と異なっている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柿羊羹の関連キーワード秋田県横手市カキ(柿)大垣(市)祇園坊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柿羊羹の関連情報