コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿羊羹 カキヨウカン

4件 の用語解説(柿羊羹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かき‐ようかん〔‐ヤウカン〕【柿羊×羹】

柿を煮詰めて作ったようかん。二つ割りの竹に詰めたりする。大垣市や広島市の郷土菓子 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

柿羊羹

秋田県横手市、木村屋が製造・販売する銘菓。庄内柿の干し柿ジャム状にし白餡に合わせて固めたもの。明治35(1902)年創製。

柿羊羹

岐阜県大垣市、槌谷が製造・販売する銘菓。大垣市の名物菓子として知られる。岐阜特産の渋柿「堂上蜂屋柿」を使用した羊羹。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柿羊羹
かきようかん

果実の風味を生かした練り羊かんの一種で、岐阜県大垣市と広島市の名物。大垣の柿羊羹は、1838年(天保9)槌谷(つちや)4代目の右助によりつくられた。美濃(みの)(岐阜県)特産の堂上蜂屋(はちや)柿を生干(なまぼ)しにし、これに水飴(みずあめ)、砂糖を加え、寒天で煮つめて竹筒に流し込んだもので、練り羊かんというより、柿のゼリーかんといった感じである。容器が現在のような半月形になったのは、5代目祐斎(ゆうさい)のときで、短気な客が羊かんを取り出しにくいのに腹をたて、店先にたたきつけた際、真っ二つに割れた竹筒がヒントになったという。広島の柿羊羹には特産の西条柿が使われる。1897年(明治30)創業の扇屋が手がけ、このほうは干し柿を用いるところが大垣の仕法と異なっている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柿羊羹の関連キーワード秋田県横手市赤坂秋田県横手市大沢秋田県横手市大町秋田県横手市金沢秋田県横手市黒川秋田県横手市城山町秋田県横手市杉沢秋田県横手市柳田秋田県横手市八幡秋田県横手市横手町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柿羊羹の関連情報