コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平場 ヒラバ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐ば【平場】

たいらな場所・土地。
平土間(ひらどま)」に同じ。
普通の場。
㋐競馬などで、特別レースでない一般のレース。
㋑賭け事で、普通に賭けるだけで、割り増しの賭けをしない場。
㋒芸妓などの、客と床を共にしない座敷だけの勤め。
「自然色気ぬきの―ということになり」〈秋声縮図
㋓組織などにおいて、幹部や代表者でなく一般の人々の立場。「平場からの意見を大切にする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらば【平場】

平たんな土地。平地。
平土間ひらどま 」に同じ。
(幹部だけの場に対して)一般の人たちの場。 「 -の意見を聞く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平場の関連キーワード特定農山村地域活性化法大町釈迦堂口遺跡平場戦/特別戦都議会ヤジ問題北条氏常盤亭跡ナガレ山古墳江馬氏城館跡二本松城跡古平(町)古平[町]中山間地域宇江城城跡三岳城跡仏法寺跡散居集落集居集落少年法金沢柵石代納角館城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平場の関連情報