平塚川添遺跡(読み)ひらつかかわぞえいせき

国指定史跡ガイドの解説

ひらつかかわぞえいせき【平塚川添遺跡】


福岡県朝倉市甘木・小田にある集落跡。筑後川とその支流が形成した肥沃な平野にある大規模な多重環濠集落跡。1992年(平成4)に発見され、これまでの発掘調査で竪穴(たてあな)住居跡約300軒、掘立柱建物跡約150棟、環濠などを確認。弥生時代中期から古墳時代前期までの約300年間人々が住み続け、2世紀から3世紀ごろの弥生時代後期には水濠に囲まれた大集落となっていたと推測される。1994年(平成6)に国の史跡に指定された。集落の中央部は約2haあり、南北約220m、東西約120mの内濠が楕円形に囲み、その外側に全体を2重にめぐる濠が存在。さらに台地の反対の西側低地には、3ないし4重の濠があり、全体で南北400m、東西250m以上の広さをもつほぼ楕円形の環濠集落と考えられる。土器のほか、鍬(くわ)や鋤(すき)などの農耕具、木製生活用具、玉類、中国貨幣などが出土した。2001年(平成13)に開園した遺跡公園に最盛期の様子が復元され、集落の中心的な建物であった祭殿、首長館、高床の倉庫群や当時の人々が住んでいた竪穴住居、環濠を渡る橋、防御施設とみられる柵列などを見ることができる。JR鹿児島本線基山駅から甘木鉄道レールバス甘木駅下車、車で約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android