コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平経正 たいらのつねまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平経正
たいらのつねまさ

[生]?
[没]寿永3=元暦1(1184).2.7. 摂津,一ノ谷
平安時代末期の武将。但馬守正四位下。父は清盛の弟,参議経盛。弟には敦盛がいる。和歌,琵琶に秀でた。若年で仁和寺宮守覚法親王に師事し,親王の秘蔵の琵琶「青山」を賜わった。寿永2 (1183) 年平家一門の都落ちに際しては,名器「青山」が戦乱で喪失するのをおそれ,仁和寺宮を訪れて返却し,別れに数曲を弾いたところ,聞く者の涙を誘ったという。翌年一ノ谷の戦いに敗れ割腹した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平経正 たいらの-つねまさ

?-1184 平安時代後期の武将。
平経盛の長男。幼少より覚性入道親王につかえ,淡路守(あわじのかみ),丹後守,但馬守(たじまのかみ)を歴任。歌人として知られる。また琵琶(びわ)の名手で,覚性入道親王からあたえられていた名器青山」を,平家都落ちの際,守覚法親王に返上したという。寿永3年2月7日一ノ谷の戦いで討ち死にした。家集に「経正朝臣集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平経正

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:生年不詳
平安末期の武将。平経盛の長男。経俊,敦盛の兄。承安2(1172)年に兵衛佐,治承2(1178)年に丹後守,同3年に正四位下となり,但馬守を兼任する。平家一門では傍流だったが,一門と命運を共にして一の谷の戦で戦死した。琵琶の名手で,守覚法親王の『左記』によれば,幼少のころ,仁和寺の覚性入道親王の御所に祗候する児だった。琵琶に秀でた経正を愛でた御室は,名器「青山」を預け置く。経正は片時も「青山」を離さず,一門の都落ちに際して,それを仁和寺の守覚法親王に返上ののち,西海に赴いた。この経正と守覚法親王の仁和寺での別離の話は『平家物語』に詳しく,他にも17歳のときに宇佐八幡で「青山」を弾いた話や,源義仲追討の副将軍として北陸へ向かう途中,琵琶湖の竹生島で秘曲を奉納した話がみえる。和歌にもすぐれ,家集『経正朝臣集』がある。

(土谷恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の平経正の言及

【竹生島詣】より

…木曾義仲の軍を迎え撃つために,平家は琵琶湖畔を北上した。副将軍平経正(つねまさ)は,管絃の道に長じた人で,進軍中ながら湖上の名島に心ひかれ,小舟で竹生島に渡った。頃は4月半ばで,まだ春のなごりが感じられ,老い鶯の声にほととぎすの初音が添い,松の藤波が美しく,仙界の蓬萊宮(ほうらいきゆう)とはここのことかと思われるばかりだった(〈三重(さんじゆう)・初重〉)。…

※「平経正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平経正の関連キーワード仁和寺宮守覚法親王生島経菊丸竹生島詣竹生島物戦乱若年経政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android